櫻坂46、山﨑天センター曲「Buddies」の清々しいサウンドと圧倒的映像美 MVから感じる“絶対的肯定感”

櫻坂46への改名がもたらしたもの

 改名を機に、選抜制度の導入をはじめ、3つの楽曲のセンターを3人が務めるなどシステムを大きく一新した櫻坂46。当初は改名に戸惑う声も多く聞こえたが、徐々にそうした空気にも変化が表れているようだ。表題曲の「Nobody’s fault」、「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」、そして今回の「Buddies」と三者三様のカラーを持たせたことで欅坂46時代と比べて表現の幅が広がったような印象を受ける。

 さらに、カップリング曲含む全7曲に参加する1〜2列目のメンバー“櫻エイト”を設けたことで選抜の意味を担保しつつ、3列目を流動的なポジションにしたことで非選抜メンバーへの配慮も欠かさない。特に今作では齋藤冬優花のような選抜から漏れた1期生メンバーが再評価されるなど、以前よりも個々のメンバーの活躍に注目が集まっているように感じる。そしてこの自由度の高い新体制によって、ほかの収録曲への期待もこれまでになく強まっているように思う。

 改名によって広がった可能性と募る期待感。1stシングルはまだ発売前だが、早くも次の展開が楽しみである。

■荻原 梓
J-POPメインの音楽系フリーライター。クイックジャパン・リアルサウンド・ライブドアニュース・オトトイ・ケティックなどで記事を執筆。
Twitter(@az_ogi)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる