櫻坂46「Nobody’s fault」MV考察 欅坂46の振付オマージュや渋谷を彷彿させるパートの意味は?

 櫻坂46が、12月9日にリリースする1stシングル表題曲「Nobody’s fault」のMVを公開した。闘うようにして逆風と荒波に立ち向かっていく逞しい姿、そして桜が舞う中、凛々しくも一歩一歩力強く険しい坂道を登っていく、メンバー一人ひとりに光が当たったリスタートに相応しい作品だ。

櫻坂46『Nobody's fault』(TYPE-A)
櫻坂46『Nobody’s fault』(TYPE-A)

 後藤匠平が監督を務めたMVのテーマは「自由への渇望と絆」。新潟の佐渡島で撮影され、海と山の大自然をバックにした荒々しくも泥臭く、それでいて美しいメンバーの一瞬、一瞬の輝きが胸を刺す。

 作品の中心にいるのは、センターで櫻坂46という大きな船の旗手を担う森田ひかる。船の汽笛とカモメの鳴き声が聞こえてくる冒頭、深淵の海をバックに登場する森田の表情は勇ましい。巨大な船の甲板でパフォーマンスをするメンバーと島に上陸していくMVのストーリーとも言える映像が交互に流れていく。印象的なのは、森田をセンターに据えながらも、きちんと一人ひとりがフィーチャーされていることだ。森田とともにフロントを担う小林由依と渡邉理佐、キャプテンの菅井友香といった1期生だけでなく、シングル収録曲の「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」、「Buddies」でそれぞれセンターを務める藤吉夏鈴、山﨑天といった2期生の姿も目を引く。

 2番サビで制服から初めて楽曲衣装へ。“No! No! No! 綺麗事を言うな 洗っても洗っても落ちない泥だ それでも生きる 強さを信じろ”という歌詞と、白の衣装を纏い海の上に設置された板のステージで踊るメンバーとがリンクする。その直後のDメロで舞う桜の花びらは、ラストの緑が生い茂る山を駆け上がっていくシーンへと繋がっていく。

 欅坂46として最後となるインタビューの中で、1期生メンバーが今後に向けて口々に話していたのが一人ひとりが輝けるグループであること、そして2期生を支えていくということだった。渡邉が表紙を飾った『BUBKA 2020年11月号』で、小林は「二期生のケアはしてあげたいですし、グループを支えていける人になりたい」と答えている。アウトロで後ろを振り返り走っていく森田に小林と渡邉は微笑みを浮かべるが、そんな1期生に共通してある2期生への心情を一瞬で映し出しているかのようにも感じさせる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる