櫻坂46、「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」は新境地となるラブソングに 新曲に込められたメッセージを紐解く

欅坂46『Nobody’s fault』(通常盤)
欅坂46『Nobody’s fault』(通常盤)

 先日MVが公開された櫻坂46の新曲「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」。同曲は1stシングル『Nobody’s fault』のカップリング曲として収録される予定で、センターは2期生の藤吉夏鈴が務める。桜の花びらが舞う螺旋階段を軽やかに駆け上がっていく藤吉の笑顔はみずみずしく、作品全体から心が躍るようなワクワク感を感じ取れる。これまでの作風とも一線を画した、新生櫻坂46の方向性が確認できるような一曲だ。

 メンバーの小池美波はこの曲について、公式ブログで以下のような解釈を披露している。

これは個人的なこの楽曲への解釈ですが、欅坂と共に歩んできた「僕」が否定していた世界へ一歩踏み入れ新しい感情に出会い、芽生え、「僕」から「私」となる素敵な楽曲だなと感じました。(参照

 彼女が言うとおり、本曲の歌詞には「今までずっと馬鹿にしてた」「でも恋をしてみてわかったんだ」と恋を拒否していた主人公の心情の変化が描かれている。「サイレントマジョリティー」や「不協和音」など、メッセージ性の強い楽曲で人気を博した欅坂46時代から比べれば大きな変化だ。そして「恋は主人公になるべきよ」「幸せは参加すること」と、むしろ恋にアクティブな姿勢を見せていく。とりわけ「迷っている人たちよ すぐに告白しちゃいなさい」のフレーズは積極的。これまで彼女たちがあまり歌ってこなかったタイプの恋愛ソングに仕上がっている。

 MVで特に印象的なのが、糸で繋がれたメンバーたちのいるフロアに藤吉が迷い込むシーンだ。メンバーらはほとんど無表情。その中にやってきた笑顔の藤吉は、糸で引っ張られたり、流されたりしながら、操られるようにぐちゃぐちゃに絡まっていく。まるで世間の荒波にもまれているかのようだ。あるいは外からの圧力や批判に晒され続ける彼女たちの境遇を重ね合わせることもできよう。しかし藤吉は、その糸を自らの力ではね退ける。その力は、体から湧き出てくるポジティブなエネルギーとでも言うべきか。それによって糸から解放され、息を吹き返したように笑顔を取り戻したメンバーたち。ラストに全員で踊るシーンは、言うまでもなくこの作品のハイライトである。

櫻坂46 『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』

 小池が解釈するように、今作は欅坂46時代からの主人公の物語の続編としても受け取れる。一方で、マリオネットのように操られていたアイドルが自由を獲得するまでを描いているようにも読み取れる。螺旋階段で立ち止まっていたり糸で繋がれたメンバーたちはどこか不気味で仄暗い。それが主人公の力によって解放されると、水を得た魚のようにダイナミックなパフォーマンスを披露する。桜吹雪の中で華麗にダンスするラストの彼女たちは、一段と光輝いているように見える。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる