櫻坂46、「Nobody’s fault」に詰め込まれたグループが目指す“絆”の在り方 MVや歌詞に感じられるメッセージ

 先日放送された『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京)は櫻坂46三つ巴バトル。1stシングルでセンターを務める森田ひかる、藤吉夏鈴、山﨑天の3人をリーダーとした3チームによる対決企画を行った。

欅坂46『Nobody’s fault』(通常盤)
欅坂46『Nobody’s fault』(通常盤)

 こうした企画の際、同番組の前身番組『欅って、書けない?』では、1期生と2期生、あるいは新2期生といった加入時期に応じたチーム編成で競わせることが多く、それに対して「先輩後輩の溝を感じてしまう」という視聴者からの意見が少なくなかった。それに対して今回は、1期生2期生関係なくチームが組まれていて、それによってリーダーとなった(普段はあまり前に出ない)藤吉や山﨑が新たな一面を見せたり、息の合った団体芸を見せた“土生劇団”が結成されるなど、今後の活動にもつながる収穫の多い放送になったように思う。特に、ゲームとは別にチームワークが確認できたら「仲良しポイント」が積み重なっていくという特別ルールも、現在の同グループを象徴していたのではないか。

 先日公開された「Nobody’s fault」のMVでも、メンバーたちの団結力を感じさせるシーンが核になっていた。たとえば、メンバーたちが肩を組みながらカメラを睨みつける場面が非常に印象強い。森田だけを捉えていたカメラが引いていくと、徐々に仲間が集まってくるかのような力強い映像演出。この泥臭く肉体的なカットには「これが私たちの武器だ!」と言わんばかりの底知れぬパワーを感じる。これこそ今作のコンセプトのひとつである“絆”なのだろう。キャプテン菅井友香はブログで今回のMVについてこう説明している。

「それぞれが諦めかけていた世界でどんな荒波にも出会った仲間と共に立ち向かっていく。そんな泥臭さも美しいと感じていただける映像になっているんじゃないかと思います。」(菅井 友香公式ブログ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる