DOBERMAN INFINITY KUBO-C、“ヒップホップの核”をラップで体現するリーダー 周囲から慕われる陽気で優しい兄貴分

DOBERMAN INFINITY KUBO-C、“ヒップホップの核”をラップで体現するリーダー 周囲から慕われる陽気で優しい兄貴分

 MCのKUBO-C、GS、P-CHOの3人と、劇団EXILEのメンバーとして俳優活動も行うSWAY、ボーカルのKAZUKIで構成される、4MC+1Vocalスタイルのヒップホップグループ、DOBERMAN INFINITY。LDH所属ながらも“踊らないグループ”として唯一無二の存在感を放っている彼らが、12月2日に約1年ぶりとなるニューシングル『6 -Six-』をリリースする。表題曲「6 -Six-」とカップリング曲「SO WHAT」は、現在放送中のドラマ『6 from HiGH&LOW THE WORST』(日本テレビ系)の挿入歌に起用され、リリース前から話題を呼んでいる。そこで本連載では、DOBERMAN INFINITYのメンバーについて1人ずつフィーチャー。第1回目はリーダーのKUBO-Cについて、DOBERMAN INFINITYの歴史と絡めながら紹介していく。

DOBERMAN INFINITY「6 -Six-」 (Official Music Video)
KUBO-C

 KUBO-Cは、1980年1月21日生まれで奈良県出身。子どもの頃は少年野球をやっており、同年代の子ども達と同じようにプロ野球選手に憧れていたという。メンバーのGSとは小学3年生から交流があり、昔からよく遊んでいた、いわゆる幼馴染みだ。プロ野球選手を夢見ていたKUBO-Cがヒップホップと出会ったのは、高校生になってから。「GSとかP-CHO、地元の子とスケボーしててHIP HOPを知ってのめりこんでいったんです」(引用:TOKYO HEADLINE)と語る。WEST HEAD(KUBO-C、GS、P-CHO)として地元・奈良で音楽活動をスタートすると、2000年には、滋賀県出身のMAB、兵庫出身のTomogenとともにDOBERMAN INCを結成。大阪に拠点を移して活動を始める。各自のラップスキルの高さに加えて、メンバー全員が20代前半だったこともあり、関西圏を中心に新世代を代表するアクトとして注目を集めていたようだ。メンバー達はアマチュア時代を振り返り、「大阪のクラブでマイクを握るのがメインだったから、深夜2時とか3時が出番って感じでした」(P-CHO)、「当時はまだアマチュアだったから、バイトが生活のメインで、ライブの日は休みをもらうというサイクルだったね」(GS)(引用:アルキタ)と語っている。そして2002年、BACH LOGIC aka BLを中心とするMATCHSTICKMENプロデュースのもと、インディーズデビュー。BACH LOGICによるサウンドプロダクションも、JAPANESE HIP HOPシーンにおけるDOBERMAN INCの立ち位置を確固たるものにした一因だろう(参照:ビクターエンタテインメント)。2004年にメジャーデビューを果たした後は、MABの脱退を経て、2008年にLDH所属に。東京で活動していく中で2013年にTomogenが脱退し、DOBERMAN INCは3人となった。

 彼らの運命を大きく変えたのが、2013年にボーカル・KAZUKIが挑戦したオーディション『VOCAL BATTLE AUDITION 4』だった。加入の発表タイミングは2人ともほぼ同時だったが、実は以前から劇団EXILE所属のSWAYを加入させたいと目論んでいた3人にとって、最後のピースとなったのがKAZUKI。オーディションが始まる前は、女性ボーカルやバンド編成なども再スタートするためのアイデアとしてあったそうだが、オーディションで気になった人の中から“DOBERに一番似合う人”としてKAZUKIを抜擢(参照:モデルプレス)。2014年6月17日には、KAZUKIの加入と、グループ名をDOBERMAN INFINITYに改名することを発表した。(参照:デイリースポーツ)同年6月24日にSWAYの加入を発表し、正式に5人で始動することとなった。(参照:Ameba Blog

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる