『エンタの神様』、『ゴッドタン』、『キングオブコント2020』……お笑い番組から紐解く“歌ネタ”の変遷

 芸人たちが自作楽曲で笑わせる『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』(TBS系)、『ただ今、コント中。』(フジテレビ系)のなかの人気音楽番組をパロッたコーナー「ただ今、歌謡祭」、狩野英孝がMCをつとめるYouTube番組『歌ネタキングダム』など、歌ネタをメインとした番組やコーナーが増加中だ。

 歌ネタとは、お笑いと音楽要素を織り交ぜたネタのこと。その歴史を紐解くと伎楽、散楽まで遡らなければならず、本稿ではさすがに語り切れないが、ここ50年ほどのポピュラーな歌ネタ史に絞れば、コミックソングなどもやっていたザ・ドリフターズ、「なんでか?フラメンコ」の堺すすむ、「嘆きのボイン」の月亭可朝、「お前はアホか」のリズムでノコギリを叩く横山ホットブラザーズらを起点に、音楽に乗せたお笑いネタが数多く発案されてきた。

『エンタの神様』や『爆笑レッドカーペット』が歌ネタブームの火付け役?

 1990年代であれば嘉門達夫の『替え歌メドレー』が大ヒットを記録したし、清水アキラ、コロッケ、ビジーフォー、栗田貫一のものまね四天王も人気を呼んだ。『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)にも音楽を使ったネタはもちろんあった。1990年代後半、若かりし頃の千原兄弟、ケンドーコバヤシ、野性爆弾らがしのぎを削った『すんげー!Best10』(朝日放送系)にも歌ネタ、リズム系ネタで印象深いものがあった。ジャリズムの「葬式DJ」や「キン肉マンの続編をラッセンに描かせる」は大傑作。千原ジュニア、陣内智則らによる、準備運動のときの「1、2、3」のリズムにあわせてメガネを上げ下げする「メガネ部」も秀逸だった。

 『ボキャブラ天国』シリーズ(フジテレビ系)では「地獄のスナフキン」こと金谷ヒデユキが高く評価された。今では珍しくないギターの弾き語りによる替え歌のスタイルだが、当時は爆笑問題、ネプチューンらに囲まれるなかで異質な存在感だった。それはやはり歌ネタが今ほどシーンの主導権を握っていなかったからだ。ジャンル化されたのは先の話。1990年代まではコントの一部として、もしくはものまねをはじめとする特技的な様相が強かった。

 空気が変わったのが2003年、『エンタの神様』(日本テレビ系)の放送開始だ。ここで歌ネタの大波が到来。お茶の間向けの構成を徹底していた同番組は、漫才やコントのようにタメを効かせて大笑いを生むものよりも、手数が多くて満遍なく笑える芸を重宝し、どのタイミングでチャンネルを合わせても理解できる、入り込みやすい笑いを求めていた。そのスタイルにマッチしたのか、番組では歌ネタ芸人が目立った。

 2007年スタート『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)の存在も大きい。同番組は「一瞬で笑える」を掲げており、わずか1分というタイトな持ち時間のなかで爪痕を残さなくてはならない。ストーリー仕立てや、視聴者の想像を膨らませていく時間的な余地はほとんどない。パッと見聞きして、頭に入ってきやすい歌ネタ、リズムネタが有効打となった。

 両番組からは、小島よしお、はんにゃ、鳥居みゆき、天津木村、ジョイマン、オリエンタルラジオ、ムーディ勝山、藤崎マーケット、2700、テツandトモ、波田陽区、コウメ太夫ら、歌系&リズム系の芸人が全国区に。そして、このあたりからお笑いは早業勝負の時代へと切り替わっていった。

 天津木村、ムーディ勝山、藤崎マーケット、2700あたりは全国ブレイク前、関西限定で年末にオンエアされている『オールザッツ漫才』(MBS系)で真っ先に歌ネタで爆笑をさらっていた。同番組も持ち時間はタイト(特に若手枠)。歌ネタはやはり印象に残りやすかった。ちなみに天津木村のエロ詩吟は同番組でネタを見せた際、あまりに卑猥な内容から、深夜放送でありながら「不適切な表現がありました」と謝罪テロップが出される伝説を刻んだ。

YouTube、SNSなどで求められた高クオリティな歌ネタ

 2010年代、テレビやライブだけではなくYouTubeやSNSもネタ見せの場として加わった。YouTube、SNSではよりシビアに瞬発力が求められた。アタマ10秒くらいで視聴者の興味を掴まなければ、すぐにチャンネルチェンジに遭ってしまうほどだ。

 だから、冒頭からキャッチーにいかなくてはならない。そういう場面でもやはり歌ネタは視聴者をツカみやすい。さらに必要なのは、画面にくぎ付けにさせる持続性。“あらびき芸”的なものより、歌・演奏・踊りの上手さが年々求められるようになっていった。確かに、普段おバカなことをやっている芸人が、声を出した瞬間に歌がめちゃくちゃ上手かったら、それだけでグッと引きつけられるし、「歌が上手いけど、この後はどんな笑いを持ってくるんだろう」と期待もさせられる。

 2000年代はムーディ勝山、ジョイマンなどローファイ系な歌ネタがウケていた一方で、渡辺直美、友近、藤井隆ら芸達者勢も活躍し、フットボールアワー後藤の「ジェッタシー」を誕生させた『ゴッドタン』(テレビ東京系)の「芸人マジ歌選手権」など、本格的なサウンドにのせて笑わせるガチ系歌ネタの傾向もできあがっていた。

 現在は、そういったガチ系歌ネタの流れの方が強い。先述した渡辺直美、友近らクオリティが高いガチ勢が、歌ネタの標準値を上げたのではないだろうか。

 2016年「PERFECT HUMAN」で数千万再生を叩き出したオリエンタルラジオ(アーティスト名はRADIO FISH)、ピコ太郎の「PPAP」、あと歌ネタ王決定戦のチャンピオンであるラニーノーズ、さや香もハイレベル。トニーフランク(馬と魚)はブレイクし切れないところが歯がゆいが、「もしもaikoが桃太郎のテーマを歌ったら」などは間違いなくモノが違う。

 YouTubeでの芸人による「歌ってみた動画」のクオリティも今や凄まじい。流れ星・ちゅーえいによるビリー・アイリッシュ「bad guy」のカバーは中毒性抜群。もともと歌ウマで知られたココリコ・遠藤章造による尾崎豊「I LOVE YOU」のカバーは声の伸びがヤバい。チョコレートプラネットの長田庄平がカバーした瑛人「香水」も歌唱力抜群。アイデンティティはお得意の野沢雅子の声マネで嵐の「A・RA・SHI」などを披露し、ものまね系歌ネタをアップデート。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる