ジェニーハイ、音楽×お笑いで拡張する独自の世界観 アリーナツアーも発表した無観客配信ライブ

ジェニーハイ、音楽×お笑いで拡張する独自の世界観 アリーナツアーも発表した無観客配信ライブ

 じつに今年2月のツアー以来となるジェニーハイのライブ、Zepp Tokyoからの無観客公演『ベイビージェニー』。まずはゲストに『キングオブコント2019』の王者・どぶろっくが登場して、おなじみの「大きなイチモツをください」や「もしかしてだけど」といったネタを披露する。画面の向こうにコール&レスポンスやシンガロングを要求して場を温めると、いよいよジェニーハイのライブがスタートだ。

ジェニーハイ&どぶろっく&アイナ・ジ・エンド
ジェニーハイ&どぶろっく&アイナ・ジ・エンド

 ステージにバックライトを浴びながら登場した5人。赤いジャケットを着た川谷絵音から新垣隆、くっきー!、中嶋イッキュウ、小籔千豊と「ジェニーハイのテーマ」のラップリレーが展開していく、問答無用でわくわく感を煽るオープニングから、ハンチング帽を被った新垣の流麗なピアノが映える「グータラ節」へと流れ込み、そして小籔のスネアロールが「ランデブーに逃避行」をドライブさせる。ダイエットしたいけどタピオカ大好きだし本当は痩せる気ない女子の心情を叫ぶ「ダイエッター典子」では、くっきー!のベースラインと川谷のギターリフがスリリングなアンサンブルを加速。

 ここまでストイックに3曲を披露すると、再びどぶろっくの2人がやってくる。小籔が「裏で並んでてもニヤけて歌詞飛びそうになったわ」と感謝の意を示すと、どぶろっくの仕切りで以前も好評だった即興コーナーへ。Twitterで視聴者から寄せられたキーワードをもとにアドリブで曲を作っていく。最初のお題は「自分を捨てないで」「この世はパラレルワールド」「イチモツ」。川谷と新垣がアイコンタクトでセッションを始めると、イッキュウの歌がそこに乗り、さらにはいきなりくっきー!が「イチモツ」を連呼しながら、そのイッキュウにぐいぐい迫っていくという謎の展開を見せる。

 さらに「痒み止め」「くるぶし×5」「味噌汁」「全集中」とキーワードを4つに増やして突入した2曲目でも、もちろんまたくっきー!が乱入してくるというお約束。ぐいぐいイッキュウに迫っていく。3曲目では「乾燥肌」「歯が小っちゃい」「浮気」「金髪巨人」「一重と二重と奥二重」というキーワードで……もういいか。文字で伝えるのは限界があるが、とにかく「ほんとにこのコーナーが大好評やったんかギモンやな」(小籔)というユルい中身だとしても、同時にどうしようもなく音楽的なセッションである。さすがはジェニーハイだ。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 その後もソロ回しでそれぞれキレキレのプレイを見せつけた「強がりと弱虫」に、背景のLEDスクリーンに映し出された夜景も相まってアーバンで大人な雰囲気を醸し出した「東京は雨」、そして後方に設えられた高いステージでダンスも交えて披露された「愛しのジェニー」に「ジェニーハイラプソディー」と芸達者ぶりを見せつけるバラエティ豊かな楽曲を次々披露した。

ジェニーハイ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる