chelmico×長谷川白紙 特別対談 ルーツ音楽、ファッション、お笑い……自身を構成する“好きなモノ”を語り合う

  前作『Fishing』からおよそ1年ぶりとなる、通算3枚目のアルバム『maze』をリリースしたchelmico。まるで短編映画のオムニバスのように、1曲ごとにガラリと景色を変えるバラエティ豊かな本作には、思い出野郎チームや斉藤雄哉(yonawo)、U-zhaanなど錚々たるアーティストがゲストとして名を連ねている。中でも子供時代の「トラウマ」をテーマにしたという「ごはんだよ」では、気鋭のシンガーソングライター長谷川白紙を作編曲に起用。現代音楽とヒップホップを融合したような、これまで誰も聴いたことがなかったようなサウンドスケープを展開している。

chelmico「ごはんだよ」

 今回リアルサウンドでは、そんな異色の組み合わせとなるchelmicoと長谷川白紙による対談を、前編・後編に分けてお届けしている。前編では「ごはんだよ」の制作秘話についてたっぷりと語り合ったもらったが、後編ではお互いのルーツミュージックや、今ハマっている音楽、さらには「お笑い」「ファッション」についてなど、トークのテーマは多岐に及んだ。(黒田隆憲)

<前編>

chelmico×長谷川白紙に聞く、初コラボ曲「ごはんだよ」で表現した“トラウマ” 「今までのリリックとは全く違う」

両者のルーツや音楽との出会い方は?

ーーここで、3人の音楽的ルーツについて改めて聞かせてもらえますか?

Rachel:私とマミちゃんが仲良くなったきっかけはRIP SLYMEなので、やっぱりRIP SLYMEの影響がchelmicoの真ん中にはある気がします。さっき白紙さんが、私たちの印象として言ってくれた「音楽性とキャラクターが一致している感じ」とかは、まさにRIP SLYMEに対して思っていたことだし、楽しそうにラップしているところとかも含め、その人たちの存在を丸ごと好きになっちゃうところとか「いいなあ」って思っていたので。でも、もっと小さい頃に聴いてきた音楽となると、それぞれ違ってくる。マミちゃんってちっちゃい頃は何聴いてたんだっけ。

Mamiko:父親がレゲエ好きだったから、レゲエと、あとハワイのおばさんが太鼓と声だけでやっている音楽があって、それをすごく気に入って聴いてましたね。あとは山下達郎さんとか。もちろんテレビも好きだったから、モー娘。(モーニング娘。)もよく観てましたし、あやや(松浦亜弥)とか好きでしたよ。

Rachel:私もお母さんが聴いていた曲の影響が大きかったな。日本と海外の流行りの音楽がよくラジオから流れていて、それを聴いて育ちましたね。日本だと宇多田ヒカルさんや倉木麻衣さん、それからやっぱりモー娘。。海外の音楽は、母親が「今、これが流行ってるんだよ」と教えてくれて、「そうかこれを聴いてるとカッコいいのか」って(笑)。あとは、アメリカの童謡なんかもみんなと盛り上がれるので聴いていましたね。白紙さんは?

長谷川:私は記憶の始まりが中学時代からと結構遅いのですが、その頃は邦ロック全盛時代に差し掛かっていましたね。

Mamiko:白紙さんが中学生ということは、私は17歳くらいか。サカナクションやチャットモンチーとか?

長谷川:そうですそうです。それこそ最初に買ったCDがサカナクションで。

Rachel:そうだ、新作(『夢の骨が襲いかかる!』)で「セントレイ」のカバーしていたもんね。あれめっちゃ良かったわ。てことは相対性理論(同作で「LOVEずっきゅん」も取り上げている)とかも?

長谷川:はい。RADWIMPSとか。チャットモンチーあたりが「大御所」的な雰囲気に徐々になってきて。そのフォロワーが面白いことをやり始めたくらいですね。ただ、その辺りに直接的な影響を受けているのかというと、ちょっと違うかもしれないです。それでいうとインターネットミュージックの方が、自分にとって大きいですね。マルチネ(Maltine Records)周辺と、あとジャズと現代音楽。この三本柱です。

ーージャズはどうやって入ったんですか?

長谷川:新宿ディスクユニオンのジャズ館ってあったじゃないですか。そこに通ってたらオシャレでカッコいいんじゃないか? と思ったんですよ。

Rachel&Mamiko:あははは!

長谷川:その時に、店内でブラッド・メルドーがリーダーを務めるThe Art Of The Trioの3作目か4作目が流れていて。それが衝撃的で、速攻でレジへ走って行って「これなんですか?」って。しかもレジにいた店員さんがめちゃくちゃいい人で、「これが好きならこういうアルバムもありますよ?」って教えてくださったんです。結局その方とはそれ以来お会いできていないんですよ。もしかしたらあの人が、私にとって最初のメンターだったのかもしれない。

Rachel:いつか再会できるといいね。

長谷川:現代音楽は、確かYouTubeのサジェストでヤニス・クセナキスを聴いたんですよ。「なんじゃこりゃ!」ってなって、こういう音楽を正気でやっている人がこの世にいるんだと思って、そこからどんどん興味が湧いていったんです。これもやっぱり、最初に聴いたのがクセナキスで良かったなと。クセナキスは、現代音楽の作曲に向かう思考のエッセンスと、それこそ「ポップス」にも通じる概念との橋渡しになるような人だと私は考えているんですよね。

ーー以前のインタビューで白紙さんは、「リズムは全ての音楽から影響を受けているけど、メロディとなると影響元はもっと狭まる」とおっしゃっていました。具体的にはどんなところからインスパイアされているのですか?

長谷川:メロディメイクという意味ではサカナクションとレイ・ハラカミからの影響が、ものすごく大きいと改めて思っています。実は最近、サカナクションの分析を久しぶりにしてみたのですが、サカナクションは「調性の主音」をすごく意識的に使っているアーティストだと思うんです。「主音がどういう役割を果たすのか?」ということをすごく考えていて、それってダンスミュージック的態度だとも思うんです。

 例えばハイハットがこのパターンで鳴っていると、あるいはキックがこのパターンで鳴っていると「踊れる」というのと同じ理由で、「ここに主音があるから踊れる」みたいな捉え方をしている。主音が持つ「リズム的な力」が、「和声的な力」と同じくらい強い上に、主音を音色的に捉えているというか。主音をキックやハイハットなどと同じように「音色の一つ」として扱っているところが面白いんです。あとは、メロディの調薬の仕方もそう。そこはサカナクションと同じくらいレイ・ハラカミにも影響を受けています。レイ・ハラカミは、係留やタメの作り方に特徴があるんですよね。

ーーなるほど。ちなみに3人は、普段どうやって音楽を掘っているんですか?

Mamiko:私の場合は、友人から「あれ、良かったよ」みたいな感じで勧めてもらうことが多いかなあ。それかプレイリストで聴くことが多いかも。

Rachel:私も好きなアーティストや信用できる人のプレイリストから掘っていったり、あるいはBandcampで音楽が好きな人をフォローして、その人が買っているCDを買ったりしてるかな。いろんなところから情報を集めているから、「こうやって聴いてます」「このアーティストが好きです」みたいな感じで話すのは難しいかも。

ーー白紙さんも、Twitterのタイムラインに上がってきた音楽は、目についたら片っ端から聴くようにしているとおっしゃっていましたよね。

長谷川:はい。

Rachel:ああ、確かにそれもある。友達がInstagramのストーリーとかで使っている音楽は絶対に聴きますね。そんなに興味なさそうだなと思っても、「この人が聴いてるなら」みたいな。知らない音楽があると知りたくなります。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる