「THE FIRST TAKE」「blackboard」など“一発録り”系チャンネルが人気 YouTube音楽コンテンツに押し寄せる新しい波

YouTubeの音楽系チャンネルが活況

 ここ最近、YouTubeの音楽系チャンネルが活況を見せている。

 2019年11月にスタートしたチャンネル『THE FIRST TAKE』は発足以降瞬く間に人気を博し、現在チャンネル登録者数は240万を突破。その人気はストリーミングサービスでのオリジナル音源の公開や、J-WAVEでのレギュラーラジオ番組、ノイズキャンセリング機能付き高音質ヘッドホンとのコラボレーションなど各方面へと波及。オリジナルグッズも発売され、最早ひとつのブランドと化している。

Sony 1000X Series × THE FIRST TAKE LiSA × Uru編:WF-1000XM3【ソニー公式】

 高画質・高音質で映し出される一発撮りのパフォーマンスは、アーティストの生身の姿がさらけ出されると言っていいだろう。微細な表情の変化から息づかいまで、なんなら歌詞のミスさえ記録に残されてしまう。替えのきかない一回限りの歌唱。そこには、普段のライブや地上波の音楽番組にはない特別な緊張感がある。

 たとえば、女王蜂の「火炎」のテイクはこのチャンネルの中でも特に人気のひとつで、動画には日本語以外のコメントも多数寄せられている(海外からの反応が多いのもこのチャンネルの特徴だ)。歌う姿の美しさや、鬼気迫る鋭い眼差し、場面に応じて変化する声色のバリエーションなど、アヴちゃんの魅力がこの1本の映像に存分に収められていると言えよう。

女王蜂 – 火炎 / THE FIRST TAKE

 一方で、今年9月からスタートしたチャンネル『blackboard』は、「教室でアーティストが先生として登壇し、生徒達(みんな)に曲を教科書(テキスト)として歌を届ける」というコンセプトのもと、アーティストのパフォーマンス映像を配信。まだ始まったばかりのチャンネルだが、これまでに渋谷すばるやジェニーハイ、chelmicoといったアーティストが出演し、こちらも徐々に人気を集めている。背後の黒板に歌い手の個性が出るスタジオセットも面白い。若いミュージシャンが多いのも特徴だ。

eill「SPOTLIGHT (blackboard version)」

 コロナ禍でネット上のコンテンツの需要が高まる中、急速に注目を集めている2つのチャンネル。どちらのチャンネルにも共通するのが、アーティストの純粋なパフォーマンス面を見せているという点だ。そして、どちらも見栄えが“洗練されている”ということ。歌唱力はもちろん、映し方、全体のデザイン、音質に至るまでスタイリッシュでクオリティが高い。それ自体がすでにミュージックビデオのような、一種の作品のようになっている。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる