Little Glee Monster、女王蜂 アヴちゃん、秋山黄色らが繰り広げる音楽との真剣勝負 『THE FIRST TAKE』が伝える歌の力

 『THE FIRST TAKE』というYouTubeチャンネルがある。自身の曲を一発撮りし動画を公開しているチャンネルだ。演奏前に発声練習や楽器の音をチェックしている様子もこの動画には収められており、普段とは違う緊張感ある雰囲気の中で歌い演奏するアーティストの姿を鮮明に届けている。音源とは違う編曲で披露している動画が多いことも魅力的だ。

秋山黄色 – モノローグ / THE FIRST TAKE

 2月28日には秋山黄色が「モノローグ」を歌う動画が配信された。音源ではバンドサウンドだが『THE FIRST TAKE』では弾き語り。ループマシンを使いながら音を重ねていくスタイルだ。激しく歌う歌唱が印象的なライブや音源とはまた違った丁寧で優しい歌声を聴くことができる。音源とは違う新しい魅力が伝わる動画だ。

女王蜂 – 火炎 / THE FIRST TAKE
女王蜂 – BL / THE FIRST TAKE

 女王蜂のアヴちゃんは『THE FIRST TAKE』で「火炎」と「BL」の2曲を歌っている。ソプラノ歌手が使うことが多い「ヘッドボイス」を使用しロックを歌うことがアヴちゃんの個性の1つだ。普段のバンドの演奏をバックに歌っている時とは違い一人で歌っているので歌を前面に感じる動画になっている。特にアコースティックアレンジになった「火炎」ではヘッドボイスの美しさが際立っている。

崎山蒼志 – 五月雨 / THE FIRST TAKE

 女王蜂や秋山黄色のように音源と異なるアレンジで歌を引き立たせる動画も多いが、いつもと同じスタイルで演奏することで、改めてすごさを感じる動画もある。崎山蒼志は音源や普段のライブと同じように弾き語りで演奏。「五月雨」では音源以上に迫力あるアコースティックギターのカッティングを聴かせてくれる。激しくエモーショナルに弾いているようだが、音の粒は崩れずに流麗だ。ギター演奏の確かな腕前も感じる。発声や声質が独特なため歌声の個性が強いボーカルではあるが、ピッチの正確さからは歌唱力の高さも伝わってくる。演奏する姿のみを集中して撮られているので、視聴者も演奏に集中して動画を観る。それによりいつもの演奏スタイルの完成度が高いことに改めて気づくのだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!