嵐 櫻井翔、親友 妻夫木聡&佐藤隆太にグループ再開への本音を語る 「鍵を握るのは5人それぞれ」

 10月1日の『櫻井・有吉THE夜会SP』(TBS系)にて、MCを務める嵐の櫻井翔と、妻夫木聡、佐藤隆太による「男3人旅」が放送された。

 3人は2002年に放送されたTBSのドラマ『木更津キャッツアイ』(主演・岡田准一)で共演。昨年放送された第1弾では、親友同士である彼らのプライベート旅に番組が密着。人が賑わうGWの初日にレンタカーを借り、九州へ。福岡にある妻夫木の祖父母宅や、大分県由布院の絶景露天風呂に立ち寄り、仕事も忘れて旅を楽しむ3人の姿が映し出された。そして、大好評だった前回の放送から約1年半ぶりに「男3人旅」が復活。今回は櫻井、妻夫木、佐藤が『木更津キャッツアイ』のロケ地である千葉県木更津市に向かい、プライベートな夏休みを堪能した。

 赤坂で待ち合わせた3人は早速車に乗り込み、絶景の夕日が見える洲崎神社をゴールに千葉房総を巡る。朝から全員テンションMAXの彼らは、車内でスターならではの話題に花咲かせた。2009年に大河ドラマ『天地人』の主演を務めた妻夫木だが、NHKの受付で警備員から足止めを食らったことも。出演者であることを説明すると「どの役?」と聞かれ、ポスターに映る自分を指したと明かした。嵐のファンから手紙が届くという佐藤は、「ちょっと佐藤さん、嵐に対して強いです」と注意されたことを暴露するなど、カメラが回っていても3人の話はノンストップで続く。ことあるごとにふざける自分の姿をスタジオで見た妻夫木は、恥ずかしさに悶絶していた。

 最初の目的地である有名かき氷専門店で休憩をとると、おもむろに「コストコに行ってみたい」と言い出した櫻井。今年7月にオープンしたばかりの木更津倉庫店に向かったが、当初の予定に入っていなかったため、スタッフが交渉に向かう。結果的に一切撮影はできず、会員登録をした上で完全プライベートならOKに。しかし、櫻井の面倒くさがりが発動し、断念することになった。

 当初の時間よりも遅れ、次は『木更津キャッツアイ』の聖地として知られている写真館のササキスタジオに。ここは3人がドラマ撮影のために、毎日通っていた場所だ。スタジオは18年前の姿とほとんど変わらず、櫻井たちは当時の衣装で記念撮影。「また帰ってくること」を約束し、トイレを借りるために入ったお店では、ドラマでロケ地コーディネーターと再会を果たした。

 日の入りまで、あと5時間。昼食を摂るために山奥の秘境にあるピザ屋へと車を走らせる。車中では、嵐のライブについての話題に及んだ。嵐のライブにも頻繁に足を運んでいる妻夫木から「(ライブ中は)冷静なものなの?」と問われた櫻井は、「一番(ステージの)奥の人たちにどう楽しんでもらえるかを考えてるから、全体を掌握しておきたい」と語る。そんなエンターテイナーの顔になった櫻井の姿を見ると、妻夫木と佐藤は「ヒーローに会った気分」になるという。

 昼食を終えた3人は富津岬にて、プロペラ付きのパラシュートで飛ぶモーターパラグライダーを体験。「いっせーのせ」で負けた櫻井が実験台として最初に飛ぶことになったが、櫻井は高所恐怖症のため、絶景を楽しめる空の上でも終始怯えっぱなしだった。後に飛んだ妻夫木と佐藤は余裕の表情でモーターパラグライダーを堪能。降りてきた櫻井は、体験の感想を「『愛の不時着』気分」と称する。ここまで時間が大幅にオーバーしているため、3人は大急ぎでバーベキューの買い出しに。しかし、思いの外盛り上がった買い物の間に日が沈み、洲崎神社からの夕日は見えなかった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる