嵐 櫻井翔、“アニキ会”フルメンバーが揃うことは少ない? 「街を全員で歩くと『クローズZERO』」

 嵐・櫻井翔と有吉弘行がMCを務めるバラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)6月4日放送回に、“櫻井企画”第3弾として、櫻井を慕う後輩のKAT-TUN・上田竜也、NEWS・増田貴久、Sexy Zone・菊池風磨がゲスト出演した。

 今回出演した3人は、以前番組で「櫻井を慕う後輩グループ」として櫻井自身が紹介していた“アニキ会”のメンバー。上田、増田、菊池の他に、Kis-My-Ft2・千賀健永、藤ヶ谷太輔、ジャニーズWEST・中間淳太の6人で構成されている。会が設立されたきっかけは、Kis-My-Ft2のコンサート終わりに開いた食事会だが、櫻井によると今は「街を全員で歩くと『クローズZERO』みたいな感じになる。目立つからフルメンバーで(食事をすることは)あまりない」という。メンバーにはそれぞれ役割があり、千賀はムードメーカー、藤ヶ谷はまとめ役として活躍していると番組で説明された。中でも、上田は“若頭”として櫻井のボディーガードを担当。逆に会の“知力”として存在する菊池とは意見がぶつかる時もあるようで、櫻井の誕生日に、菊池が会のグループラインで櫻井に「アニキの幸せを僕たちに分けて僕たちを幸せにしてください」とメッセージを送ると、上田はすぐさま「俺らの幸せじゃなくてアニキの幸せを願うもんだろ」と対抗。しかし、菊池が「僕たちが幸せになることがアニキの幸せです」と言い返すと、「お前、いいこと言うなぁ」と上田は納得したといい、このやりとりを櫻井は「好きなんだよね」とほのぼの語った。

 現在はA.B.C-Z・塚田僚一や美 少年・那須雄登などアニキ会の入会希望者もいるようだが、那須は上田が怖くて言い出せないという。さらに、塚田が「飲み会の場として家を提供、手料理を振る舞う、運転手から写真撮影係までなんでもやります」と自分が入会することのメリットをアピールしたが、「下心がある時点でダメ」と上田は突っぱねた。このように現在は上田が若頭として会を仕切っているが、今回番組の企画では1位になると若頭の座につける“櫻井アニキカルトクイズ”に挑戦。2008年から2013年まで放送されていた嵐の冠番組『ひみつの嵐ちゃん!』で行われた企画「マネキンファイブ」や、櫻井が出演したドラマ『天国に一番近い男』『木更津キャッツアイ』、さらにデビュー直前に雑誌『POTATO』で答えたインタビューなど、櫻井の歴史から問題が出題された。しかし、なかなか正解を出せない3人。しまいには、菊池が「有吉が櫻井につけたあだ名は?」という問題に“インテリへそぴ”と答えて櫻井をいじった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!