E-girls、スダンナユズユリー、Happinessが登場 キュートでスタイリッシュに踊り明かした『LIVE×ONLINE IMAGINATION』

E-girls、スダンナユズユリー、Happinessが登場 キュートでスタイリッシュに踊り明かした『LIVE×ONLINE IMAGINATION』

 オンラインならではの演出や映像を体験できる、有料配信ライブ『LIVE×ONLINE IMAGINATION』。7日目となる9月25日の出演はE-girlsとスダンナユズユリー、Happinessの3組。彼女たちのキレのあるパフォーマンスが緻密なカメラワークと演出で、普段のライブとは違う形で届けられる機会となった。

 まずはE-girlsが「Go! Go! Let’s Go!」のイントロで登場。メンバー11名がステージを広く使って直立し、パフォーマンスが始まると一人一人が映し出される。炎と共に全員がシンクロする場面は圧巻だった。

 彼女たちが『LIVE×ONLINE』のステージに立つのは2回目。今回のコンセプトは「E-girlsの歴史を感じられるライブ」だ。中止になってしまった『E-girls PERFECT LIVE 2011▷2020』とは違った角度で楽しめるものにするべく、メンバーで話し合って内容を作り上げたという。

 続くエスニックな4つ打ちの「Show Time」では一線に並ぶ陣形をすり抜ける様にして映像が展開し、緊張感を与える。エンディングは藤井夏恋をセンターにして曲が終わり「Just a little」へ。イントロで鷲尾伶菜が「『LIVE×ONLINE』をご覧の皆さん、こんばんは。E-girlsです! 今日は私たちと最高の1日にしましょう!」と呼びかけ、全員が笑顔で手を振った。

 映像スイッチングが光った「Highschool♡love」、ボンボンを使った振付けがキュートな「Saturday Night ~ロックな夜に魔法をかけて~」、フォトフレーム風の演出による「HARAJUKU TIME BOMB」と趣向を凝らしながら、アッパーな楽曲を並べていく。「Easy  come, Easy go」はライブ初披露だ。9曲目「My way」のダンスホールレゲエな雰囲気から暗転すると、ここからはスダンナユズユリーの出番。

 武部柚那が「ここから私たちと一緒にもっと熱くなって行きましょう!」と煽り「LOOK AT ME NOW」でスタート。3連符中心にリズムを刻みながら、クールにマイクを繋ぐ。グリーンのレーザーもアクセントに。続く「MekkaWa」では可愛らしさを見せ、前曲とのギャップにときめいた。

 続いてMC。プライベートでも仲が良いという3人が楽しそうにおしゃべり。スダンナユズユリーとして『LIVE×ONLINE』の初ステージを踏んだ感謝を伝えてから「聴いてくださった人の勇気やパワーになれるように精一杯歌いたいと思います」と武部が語り「TEN MADE TOBASO」をパフォーマンスした。背景に映った空の映像も楽曲を彩る。

 ここでE-girlsが帰ってくる。シックな導入部から明るいサビに変化する「Pain, pain」を挟み、藤井と鷲尾、武部がベッドに腰掛ける演出から「好きですか?」を3人だけで作り上げる。さらに「悲しい歌ではなく、背中を押してもらえる曲」と前置きしてから「So many stars」を切なく、そして力強く披露した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる