E-girls「So many stars」、小竹正人による歌詞から伝わるメッセージ ファンへの感謝と自らの決意表明を示した楽曲に

 E-girlsの新曲「So many stars」が、7月5日より配信スタートした。2020年いっぱいで解散を発表したE-girls。この楽曲はメンバー11人が、これまで共に歩んできた軌跡と、ファンへの感謝、旅立ちと未来への希望や夢を描いたミディアムバラードだという。

E-girls「So many stars」

 満点の星空にひときわ輝く11個の星があしらわれたジャケットデザインは、そのまま彼女たち11人とファンの笑顔にリンクする。これまでE-girlsという星座を形作っていた11個の星たちは、それぞれが1つの星として、または新たなつながりを結んで新たな星座となって、さらなる輝きを見せてくれるのだろう。

 みずみずしくビブラートが響く鷲尾玲奈の歌声、大人の女性らしさをまとった艷のあるボイスの藤井夏恋、強い意志を感じさせるキレのある声色の武部柚那。このテイストの異なる3ボーカルこそが、個性豊かなメンバーが集まったE-girlsを象徴していた。異なるからこそ、思わぬ角度から光が当たり、お互いを輝かせた。1人では磨かれなかったところにも気づけた。E-girlsで過ごした月日は、きっと彼女たちにとって実りが多かったに違いない。「So many stars」を舞台袖で聞くリーダーの佐藤晴美は、「9年間活動してきた気持ちがこみ上げる」と公式Twitterの動画で話していた。

 歌詞を手がけたのは、これまでE-girlsメンバーを長らく見つめてきた小竹正人だ。歌い、踊ることが大好きな女の子たちが、ステージに立つ喜びを全身で表現していた9年前から、自分自身の人生を見つめる大人の女性としての新たな一歩を踏み出す今まで。E-girlsの楽曲は、まるでそのグループ人格の成長記録にも見えてくる。

E-girls / So many stars

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!