日向坂46 佐々木美玲センター、小坂菜緒の涙、影山優佳復帰……「アザトカワイイ」フォーメーションのドラマを読む

 日向坂46が9月23日にリリースする1stアルバム(タイトル未定)のリード曲「アザトカワイイ」のフォーメーションが、8月9日放送の『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)にて発表された。

日向坂46 『ソンナコトナイヨ』初回仕様限定盤TYPE-A CD+Blu-ray

 今作は22人の全員選抜。3列目の9人には新3期生の山口陽世、森本茉莉、髙橋未来虹、さらに2年ぶりに活動を復帰した影山優佳が並ぶ。アルバムへの助走になったのは、本来“18人”で開催されるはずだったアリーナツアーを、22人でのオンラインライブ『HINATAZAKA46 Live Online, YES!with YOU!~“22人”の音楽隊と風変わりな仲間たち~』として再現したことが大きい。影山が学業のため活動を休止したのは、けやき坂46のアルバム『走り出す瞬間』リリース直前で、彼女はそのツアーに参加することはなく、日向坂46名義でライブに参加するのは今回が初であった。新3期生を含めた4人が3列目から日向坂46としての新たな輝きを放つことだろう。

 2列目は8人。上村ひなのが初の2列目に位置している。一人だけの3期生として、加入当初から不安を隠せずにいた上村であったが、昨年9月にさいたまスーパーアリーナで開催された『3rd シングル発売記念ワンマンライブ』を機に大きく成長。ソロ曲「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」でのクールな立ち振る舞い、『日向坂で会いましょう』における予想の斜め上をいく天才的な発想で、グループの中でも唯一無二のポジションを確立している。

 そしてフロントは5名。センターには『走り出す瞬間』のリード曲「期待していない自分」以来、約2年ぶりに佐々木美玲がそのポジションに選ばれた。佐々木は、前作の4thシングル『ソンナコトナイヨ』で3列目、上手の端だった。「みんなの背中を見て、みんなかっこいいな。って思うことがたくさんありました」「だからこそ、そんな誇らしいメンバーのセンターに立つということはいつも以上にちゃんとしないとなって気持ちになります」と佐々木はブログに今の心境を綴っている。どんなポジションにも役割があり、日向坂46というグループは互いが互いを支えあっている。そのことを人一倍理解している佐々木が、2年目の今、日向坂46のセンターに再び立つことには意義がある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる