ばってん少女隊が語る、<BATTEN Records>設立と新たな音楽活動 「私たちの言葉をしっかり聞いてほしい」

ばってん少女隊が語る、<BATTEN Records>設立と新たな音楽活動 「私たちの言葉をしっかり聞いてほしい」

 スターダストプロモーションに所属し、九州を拠点に活動するばってん少女隊が、プライベートレーベル<BATTEN Records>を立ち上げ、新たな音楽活動をスタートする。ばってん少女隊は、グループ結成5周年目になる6月21日から、5週連続でデジタルシングルを配信。同日には『結成5周年!!!Specialオンラインライブ』を生配信する。そのほかにもレーベル立ち上げを機に、YouTubeやSNSでの発信、オンラインストア『BATTEN Store』のオープンなど、様々なコンテンツを生み出していく。

 今回リアルサウンドでは、<BATTEN Records>設立の経緯から、配信シングルへの思い、今後の活動計画まで話を聞いた。(編集部)

メンバー同士でアイデアを出し合うのは楽しかった

ーー結成5周年を機に、ばってん少女隊はプライベートレーベル<BATTEN Records>を設立しました。

上田理子(以下、上田):私たちには九州を応援するために、積極的にいろんな活動をしていきたいという思いがあって、それをすべて自分たちでやれないかということで、このプライベートレーベルを立ち上げました。タイミング的にもこういう世の中になってしまって、ライブも思うようにできなくなってしまったので、YouTubeとかSNSを今まで以上に積極的に使って、自分たちからもっと発信することで、今まで私たちのことを知る機会がなかった方々にも知っていただけるための、基盤にしていきたいと考えています。

ーーなるほど。確かにここ最近はYouTubeにかなり力を入れていますよね。

星野蒼良(以下、星野):はい、めっちゃ頑張っています(笑)。

上田:企画にはメンバー発信のものも含まれていて、私たちが普段メンバー同士でしている遊びとかを届けられているのかなと思います。

ーーワードウルフだとか、あのへんはまさに?

上田:はい。ライブに行く途中の車の中でよくやってます(笑)。

【ワードウルフ】最後の1分で全てが覆る。あなたは必ず巻き戻す。

ーー新しいキャッチフレーズを発表する動画もありましたよね。

星野:私は「小さな怪獣」というキャッチフレーズを使っていたんですけど、結成されて5年経ったらメンバーの中で一番身長が高くなってしまったので(笑)、「そろそろ変えたいね?」って話は前からみんなでしていて。それで、今回メンバー同士で考えて、あのキャッチフレーズが完成しました。

瀬田さくら(以下、瀬田):正直に言うと、最初のキャッチフレーズは大人の方から与えられた感じだったし、当時はお互いのこともまだよく理解できていなくて。

春乃きいな(以下、春乃):自分の強みも全然わかってなかったし。

希山愛(以下、希山):今ならお互いのことも説明できるので、メンバー同士でアイデアを出し合うのは楽しかったです。

上田:そう考えると、5年の積み重ねって本当に大きいですね。

【祝結成5周年】新キャッチフレーズができました!【ばってん少女隊】

ーー歌声に関しても、初期と比べると最近は大人になりましたものね。歌ってみたいことも、昔と比べて明確になってきたんでしょうか?

星野:はい。自分たちで歌える曲の幅も広がってきましたし。特に今回の新曲は今まで挑戦したことがないタイプばかりだったので、そこをより実感しました。

瀬田:昔は元気さでカバーする曲が多かったんですけど、今回みたいに5人ではハモッたりすることは初めてだったので、それは今回チャレンジできてすごくうれしかったです。

上田:例えば新曲の「でぃすたんす」だったら〈おうちの中から中継して〉というフレーズとか、以前よりも共感して歌えていると思いますしね。

「まず最初に、私たちの言葉をしっかり聞いてほしいな」

6/21より5週連続デジタルシングル配信決定!!!【Teaser Movie】

ーーばってん少女隊は6月21日の「ありがとーと」を筆頭に、新曲を5週連続で配信リリースします。この取材に際して「ありがとーと」「でぃすたんす」「Over」の3曲を聴かせていただきましたが、皆さんの歌から「言葉を伝えよう、思いを届けよう」という意識が以前よりもより強まっているんじゃないかと感じました。

上田:そうですね。今までは、まずライブに来てくださった方と直接コミュニケーションを取ることを意識していたんですけど、こういう今の世の中になってからは「まず最初に、私たちの言葉をしっかり聞いてほしいな」と考えるようになりました。なので、感情を込めやすくなったのかもしれません。

星野:それこそメジャーデビュー曲「おっしょい!」の頃だったら、曲についていくのに一生懸命すぎて、言葉を伝えるというところにまで気が回っていなかったかもしれませんし。

希山:特に今回はアルバム『BGM』から1年経っていたので、早く出したくてウズウズしていましたし(笑)。

春乃:「いつ出せるのかな?」という期待と不安が入り混じった感情だったしね。

ーー5人編成になって最初の新曲が「ありがとーと」。ばっしょー節全開の、王道スカロックナンバーに仕上がりました。

上田:曲調は今までのばっしょーらしさを残しつつ、歌詞には私たちの今の思いがたっぷり詰まった内容になったと思います。

希山:掛け合いもあるので、ちょっと会話しているような感じもあるし。

星野:ダイレクトに「感謝!」という曲ですよね。それはファンの方に対してというのはもちろんですけど、メンバーは今まで支えてくれたスタッフさん、私たちに関わってくれたすべての人に贈る感謝なのかな。

春乃:勢いもあるけど、ちゃんと言葉が伝わる曲だと思います。

ーーそこが5年の経験を経た、大きな成長なんですかね。レコーディングに関しても、以前と比べて向き合い方もだいぶ変わったんじゃないでしょうか?

瀬田:一番違うのは、ライブを想像して歌えるようになったことかな。ライブでお客さんに向けて歌っている姿をイメージしやすくなったので、どうやって歌を届けようか、伝えようかと考えられるようになったのは大きいと思います。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる