神宿 羽島みきが語る、アイドルとしての転機と妹・羽島めいへの本心 「悩みがひとつなくなると人って本当に変われる」

神宿 羽島みき、アイドルとしての転機

 神宿が、羽島みきと羽島めいによる姉妹ユニット曲「SISTERS」をリリースした。神宿ユニットシリーズ第2弾の同作は、羽島みきと羽島めいの姉妹愛を感じる歌詞、二人+愛犬の自然体を収めたMVも話題となっている。

 配信ユニット曲第1弾「Erasor」で話を聞いた塩見きらに続き、リーダーの羽島みきにインタビュー。神宿は、アイドルとして活動しながら、UUUM所属のYouTuberでもある。彼女たちのYouTubeチャンネルには、様々な映像コンテンツがアップされており、その企画も彼女が中心となり考えているという。「SISTERS」の歌詞に込めた妹・羽島めいへの思いはもちろん、アイドル兼YouTuberであるグループの強み、そして6月3日に24歳の誕生日を迎えたばかりの彼女に、グループ/個々としてのこれからを聞いた(編集部)

YouTubeに挑戦することで女性ファンが増えた

羽島みき

ーー羽島みきさんは6月3日に誕生日を迎えたばかり。当日には生誕記念番組『みーにゃんの部屋』が生配信されましたが、とても面白かったですよ。

羽島みき(以下、羽島):ありがとうございます(笑)。こういう時期だから「どうやって誕生日を迎えるのかな?」と自分でも思っていたんですけど、スタッフさんが一生懸命考えてくださって、「メンバー1人ひとりとお話する形で配信ができたらいいよね」って案を出してくださったんです。状況的に5人揃ってというのはなかなか難しいですし、今まで1対1でゆっくり話すことって意外と少なかったので、これもいい機会だなと。みんなに自分の手料理を振る舞うこともできたし、メンバーからのプレゼントとかサプライズもあって、結果すごくいい時間になりました。

ーー通常だったら生誕ライブという形でファンの皆さんとお祝いしていたんでしょうけど、あの番組は今だからこそでしたものね。

羽島:こういう姿もファンの皆さんは面白かったかなと。YouTubeを通じてファンの方が増えているのもあるので、これも新しいきっかけになったかなと思いましたね。

ーー実際、そういうYouTube経由のファンが増えていることを肌で感じることもありますか?

羽島:すごくあります。それ以前はアイドルの対バンイベントに出て、そこでほかのアイドルさんを推している方が神宿を知るという流れが多かったんですけど、YouTubeに挑戦することで女性ファンがすごく増えたんです。

ーー配信を観ていると、着ている服やファッションについてのコメントも多かったですし。

羽島:皆さん「可愛い」と言ってくださって。そうやって女の子のファンもついてくれるのなら、YouTubeの企画ももっと女の子に喜んでもらえるようなものをと、例えばメイク動画を一ノ瀬みかや塩見きらが出してくれるようになりました。

ーーそれこそ、前髪をセットする動画なんて女性ならではですし。

羽島:女の子って前髪をすごく大切にしているので、よく自分もアイドルさんの前髪講座みたいな動画を調べていて。吉田朱里さん(NMB48)の動画とかよく観ているんですけど、自分がそうやって調べるってことはほかの女の子も知りたいことなんじゃないかなと思って、神宿でもやろうってことで動画を作ったんです。

「もっとできるぞ、飽きさせないぞ!」

ーーみきさんはそういう動画の編集をご自身で行っていますが、以前からこういうことに興味を持っていたんですか?

羽島:全然! むしろパソコンは学校の授業でちょっと触るくらいで、ずっと苦手なジャンルだったんです。でも、YouTubeをよく観るようになって編集とかを意識するようになったら、「神宿の動画も、もっと女の子ウケする編集をしたい!」と考えるようになって。それでスタッフさんに相談したら「いいじゃないですか!」と言ってくれて、そこからちょっとずつですけど自分なりにこだわって編集するようになりました。

ーー自分のイメージを他人に伝えるというワンクッションを省いて、自身の手で具体化できれば時間短縮できるし、なによりもイメージにより近い形で仕上げられますものね。

羽島:そうなんです。自分が考えていることを直接表現しやすいので、そこは自分なりに頑張れているのかな。デビューした頃の自分は、今こうやって動画の編集をやっているなんて想像もしていなかったし、神宿がYouTubeとかそういったフィールドで活躍することも想像できていなかったから。今となっては自分たちの強みになっていますよね。

ーーそういう神宿として表現の打ち出し方を、スタッフさんと話し合う機会はどんどん増えているんでしょうか?

羽島:だいぶ増えましたね。以前はスタッフさんから「こういうことをしましょう」みたいに言われたことをやっていたんですけど、最近は自分たちの我が強くなったのか(笑)、「もっとこうしたい!」とスタッフさんに直接言えるようになったから、メンバーも個々でいろんなお仕事をやれるようになったのかな。自分も「動画の編集をしたい」と言ったから編集をするようになったし、最近は「REC.」という音声配信アプリを使うようになったことで、ラジオとか声のお仕事もやりたいと言えるようになった。すごくいい状況になったと思います。

ーー発信する場が増え、それを個人でどんどん行動に移し、発していける環境にもなりましたし。

羽島:うん、だから今すごく楽しいんです。

ーー今のアイドルシーンが活性化し始めたのは2010年前後からでしたが、そう考えるとこの10年でだいぶ状況が変わりましたよね。

羽島:本当にそうですね。自分たちはそういうシーンの中ではデビューが遅かったほうだからこそ、デビューした頃は「ほかのアイドルさんに追いつきたい!」という気持ちがすごく強くて。「今からアイドルを始めて大丈夫かな?」と不安だったんですけど、「頑張って追いつこう!」という気持ちをみんな忘れなかったから今があるのかな。

ーー神宿に関して言えば、結成5周年を経た昨年後半の「ボクハプラチナ」あたりから、楽曲面での変化もありました。

羽島:今までの神宿は「元気、明るい、みんなで一緒に踊れる!」みたいな曲が多かったんですけど、5年経ったからこそもっと違う部分を応援してくれるファンの皆さんに見せたいという気持ちが芽生えて、大人っぽくてカッコいい曲に挑戦したんです。最初はどんな反応をされるのか不安もあったんですけど、「神宿にはこういう大きな振り幅があるんだ、むしろもっと楽しみになった」という応援コメントもたくさんいただいたことで、すごく励みにもなったし、もっと違う楽曲にも挑戦したいなという思いも芽生えてきました。なので、「もっとできるぞ、飽きさせないぞ!」っていう気持ちをみんなにも知ってもらいたいですね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる