神宿 羽島みきが語る、アイドルとしての転機と妹・羽島めいへの本心 「悩みがひとつなくなると人って本当に変われる」

神宿 羽島みき、アイドルとしての転機

姉妹の素が出ている、姉妹だからこそ歌える曲

神宿「SISTERS」MV

ーー神宿は4月の「在ルモノシラズ」を筆頭に、新曲を3カ月連続で配信リリースしています。今回発表されたみきさんとめいさんの羽島姉妹によるユニット曲「SISTERS」は、5月リリースの一ノ瀬みかさん、塩見きらさん、小山ひなさんによるユニット曲「Erasor」とも違ったタイプの楽曲に仕上がりました。

羽島:すごく可愛い曲になりましたよね。

ーーでも、可愛らしさに大人っぽさも加わった、今までにないタイプの1曲ですよね。

羽島:確かに。なんなら姉妹の素が出ている、姉妹だからこそ歌える曲なのかなと思いましたし。

ーー今回はみきさん、めいさんも作詞に携わっています。

羽島:曲を作る前に「姉妹のエピソードを教えてください」って聞かれたので、素直にいろいろ話して、それが歌詞に反映されているんです。特にめいは2番の歌詞にすごくこだわっていて、「もっとこういうことを伝えたい!」と言っていたので、2番はほとんどめいが書いたようなものですね。

ーー1番で歌われていることとは対照的な内容ですものね(笑)。

羽島:ふふふ(笑)。ちっちゃい頃はずっと一緒で、習い事もクラシックバレエを一緒に始めたけど、結局めいが辞めちゃって。そこから自分はクラシックバレエ、めいはサッカーみたいな感じに行動が別々になったけど、学校はずっと一緒だったんですよね。だから、正反対と言っているけど、神宿では姉妹で活動しているし夢は一緒なんだから、そういう面を舁夫さん(※かきふ。神宿ファンの総称)に知ってもらえたらなと思います。

ーーたぶん兄弟姉妹がいる方はこの歌詞を読むと共感できる部分があると思いますし、ファンの方からすればおふたりのことをイメージしやすい内容なのかなと。

羽島:そうですね(笑)。「あ、こういう感じなんだな」っていう感じに、より知れると思います。意外と姉妹推しの方も多いので、すごく喜んでくれるんじゃないかな。

ーー自分が伝えたいことを直接歌詞に乗せる作業を経て、レコーディングとの向き合い方には以前と違いを感じることは?

羽島:ありました。自分が思っていることを歌にしているから、より気持ちを込めて歌いやすかったですし。これまでの曲では作家さんから「ここの歌詞にはこういう意味があって」といろいろ教えていただいていたんですけど、すべてを理解しようとして頭の中がごちゃごちゃになってしまって(苦笑)。申し訳ないなと思うこともあったんですけど、この「SISTERS」は自分の気持ちがストレートに歌詞になっているから、本当に歌いやすくて、今までで一番楽しかったです。

妹をやっとメンバーという視点でも見られるようになった

ほめろ!- 羽島めい, 羽島みき SELF COVER

ーー実際、めいさんの担当した歌詞を読んでこう感じたとか、逆にみきさんのパートを聴いためいさんからのリアクションはありましたか?

羽島:「いやあ、本当にそうだよね!」って2人で笑ってました(笑)。確かに自分もすごくお節介だと思うし、優柔不断だし、そういうところでは困らせちゃってるなと感じています(笑)。

ーーそこはもう納得していると(笑)。でも、それってずっと一緒に育ってきたからこそですよね。

羽島:ずっと見られているからこそ、こう言えるんだと思います。でも、仕事まで一緒になるとは思ってなかったから、最初の頃はよく喧嘩していたし、自分としても妹という目線で見ちゃうから、意見とかいろいろ言われても納得いかなかったり、なんなら話を聞きたくないってぐらい避けていたこともあったんですよ(笑)。それが5周年を経て、やっとメンバーという視点でも見られるようになったことで、「本当にたくさん迷惑かけちゃったけど、そばで支えてくれてありがとう」と素直に思えるようになった。普段はなかなか口にしないですけど、そこはすごく伝えたいですね。それこそ「大好きだよー」とか、絶対に言わないんで(笑)。

ーー肉親だからこそ、直接伝えるのは恥ずかしいですものね。

羽島:だから、歌詞にある〈言わないけどLOVE〉というフレーズは、まったくそのとおりだなと思います(笑)。

ーー兄弟姉妹で一緒に活動しているアーティストはほかにもいますが、こういった絆を歌った楽曲って意外と少ないですよね。

羽島:あまりそこについて触れていないからこそ、この曲は新しいのかなと思います。それに曲調もラップ調というか、ちょっと語り口調っぽい節回しだからこそ、言葉としてすごく入ってきやすいですし。こういう感じも神宿にはなかったので、そこも新しいなと思います。

MVは「2人の成長が観られる羽島家のホームビデオ」

ーーMVも拝見しましたが、おふたりの自然体がそのまま収められていますよね。

羽島:自分たちでもラフに臨めたので、すごく楽しかったです。しかも、実家で飼っている愛犬のロックも出演してくれて。朝から一緒に現場入りしたので、「ワンワン吠えたらどうしよう?」と撮影中も心配していたんですけど、全然そんなことなくて、自分の出番をおとなしく待っていてくれて。なんなら寝ていたんですけど、海でお散歩するシーンでやっと出番になると元気に動いてくれたのでよかったです(笑)。

ーー妹さんや愛犬も一緒で、日常の延長を描いたような作品になったのかなと。

羽島:そう、だから全然緊張しなかったんです。MV撮影って緊張することが多いんですけど、全然そんなことがなくて。MVで使った小物とかちっちゃい頃の写真とか、私物がちょくちょく映っているので、お父さんお母さんからすれば2人の成長が観られる羽島家のホームビデオみたいな感じですかね(笑)。

ーー僕たちはそれを覗き見していると(笑)。

羽島:そうそう(笑)。本当にそんな感じですね。

ーーMVの中で印象的だったのか、めいさんからのお手紙をみきさんが読むシーンでして。これまでめいさんからお手紙をもらうことは?

羽島:何年前かの生誕イベントであったぐらいで、全然ないですね。それこそ、撮影当日に一生懸命書いてましたけど(笑)。内容もちらっと映っていますけど、それをMVの中で読むのはちょっと恥ずかしかったですね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる