杏沙子、“素顔”の表現が引き出した多くの共感 アルバム先行配信曲「見る目ないなぁ」を聴く

杏沙子、“素顔”の表現が引き出した多くの共感 アルバム先行配信曲「見る目ないなぁ」を聴く

 シンガーソングライターの杏沙子が、7月8日に2ndフルアルバム『ノーメイク、ストーリー』をリリースする。1stアルバム『フェルマータ』から約1年半、ポップでキャッチーなメロディとチャーミングな歌声で、ファン層を拡げてきた彼女。ドラマL『ランウェイ24』(ABCテレビ)に主題歌「ファーストフライト」を書き下ろしたり、「ケチャップチャップ」がNHK『みんなのうた』に選出されるなど順調にキャリアを重ねてきた。3月には新型コロナウイルスの影響により中止となったワンマンライブを急遽YouTube上で生配信。「幸せな時間をありがとう」「素敵な歌声に元気が出た」とSNSでも大きな反響を呼んだことも記憶に新しいが、6月10日にはアルバムに先駆けて、リード曲「見る目ないなぁ」の配信が決定。すでにラジオ等でオンエア解禁されており、注目が集まっている。

 杏沙子曰く、本作は「実際に“見る目ないなぁ”って泣きながらの帰り道から生まれた曲」。そのせいか、これまでのポジティブなエネルギーに満ち溢れた杏沙子の楽曲とは一線を画す、胸の奥がうずくようなセンチメンタルな楽曲に仕上がっている。恋い焦がれていた相手が自分ではなくほかの誰かを選んでしまったいたたまれなさに、「見る目ないなぁ」と繰り返しつぶやく女の子。彼を好きになった自分にはもちろん、同時に“わたし”を選ばなかった彼にも向けられた一言のようにも響く。ゆったりとしたリズムで奏でられるシンプルなバラードにのせた杏沙子の歌声も涙をこらえているような切実さだ。「辛い思いをした恋ほど強く刻まれて、泣かせられた人ほど忘れられない人になってしまう。あのときのわたしはたしかに見る目なかったけど、あんなに心を消費するくらいの恋をしなければ、この曲はできなかったな」と語っていることから、実体験を基にした楽曲であるのかもしれない。

 だからだろうか。本作には現在26歳の杏沙子の、シンガーを超えたパーソナルな部分が色濃く出ているようにも感じられる。たとえば繰り返される〈見る目ないなぁ〉の合間に、〈ねえあのときのあの言葉 本当だったのは一体どこまで? まだそんなことを考える わたしはいつまでたっても〉と彼への未練を語りながら、中盤では〈たくさん泣かせられたし たくさん裏切られたの さよなら さよなら〉と、辛い経験からきっぱりと別れを口にしたりもする。ひたすら悲しむでもない、怒ったり、自虐的になってみたり。ぐるぐると思いを巡らせながら、やっぱり「見る目ないなぁ」に行き着いてしまうあたりがとてもリアルだ。

 ひとつの歌の中にいくつもの感情をのせ、等身大の女性像を表現してみせた本作は、すでに同世代の女性たちから「自分のことかと思った」「歌詞が刺さる」など共感の声が続出。先行配信後はより大きな盛り上がりを見せるのではいう予感がする。

 新作アルバム『ノーメイク、ストーリー』には、「見る目ないなぁ」をはじめ、1stシングルとしてリリースした「ファーストフライト」や今年頭に発表した配信限定シングル「こっちがいい」など、全10曲を収録。タイトルの通り、女の子が内側に秘めている隠しておきたい気持ちや、 見せたくない“ノーメイク”な姿を表現したと言う。そんなテーマについて杏沙子は、「自分で曲を作るようになったわたしは、わたしではない誰かの言葉で、誰かの物語を書いてきた。それが間違っていたとも、臆病だったとも思わない。ただ、これまで見つめ続けてきた誰かの素顔の中に、わたしの素顔を探したくなったのだ」とコメント。デビュー2年目を迎え、新たな覚悟で歌と向き合おうとする強い思いがにじむ。各所で評価された圧倒的なポップネスと、“素顔”で堂々と勝負するシンガーとしての決意を武器に、杏沙子は次なる扉を開く。

杏沙子‐見る目ないなぁ (Full ver.)

■リリース情報
「見る目ないなぁ」
配信はこちら

『ノーメイク、ストーリー』
発売:2020年7月8日(水) 
初回限定盤【2CD】¥4,000(税抜)/特殊パッケージ
通常盤【CD】¥3,000(税抜)

CD収録曲 ※初回限定盤・通常盤共通
1.Look At Me!!
2.こっちがいい
3.変身
4.クレンジング
5.見る目ないなぁ
6.outro
7.交点
8.東京一時停止ボタン
9.ジェットコースター
10.ファーストフライト

初回限定盤LIVE CD収録内容
1.ファーストフライト
2.青春という名の季節
3.Look At Me!!
4.真っ赤なコート~toi toi toi
5.見る目ないなぁ
6.道
7.花火の魔法
8.あなたのことが好きだなんて言えないんです
9.こっちがいい

オフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる