東京JAZZの歴史と意義を実感 『TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM』を振り返る

東京JAZZの歴史と意義を実感 『TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM』を振り返る

5月24日(日)

 2日目は、平原綾香のパフォーマンスから。『TOKYO JAZZ +plus』で同フェス初出演となる予定だった平原は、父親の平原まこと(Sax)をはじめとする凄腕ミュージシャンとともに、「チュニジアの夜(A Night in Tunisia)」を披露。華麗なスキャットから重厚な低音を交えたボーカルを響かせた。さらに「Feels Like Home」では、平原自身が紡いだ日本語の歌詞を乗せ、温かさとやさしさに満ちたメッセージを届けた。

平原綾香  (c)TOKYO JAZZ FESTIVAL

 この日は、現代のジャズが持っている多様性、先鋭性、可能性を感じられるアクトを堪能することができた。fox capture planはポストロック的なテイストを取り入れた演奏で現代的なジャズの在り方を表現し、ミシェル・ンデゲオチェロはTLCの「Waterfalls」を洗練されたアレンジでカバー。さらに、意外性に溢れたコラボレーションが次々と実現。まずはmabanua(Dr/Ovall)が登場。気鋭のシンガーソングライター・Ruri Matsumuraとのセッションによる「SWIPE」(Ovall×Ruri Matsumura)、さらにOvall×Gotch名義の「Stay Inside」も。「弱音を吐いたっていい」「この状況を乗り切って、また会おう」というメッセージが込められたこの曲もまた、今の状況でしか生まれ得なかった楽曲だ。「ミュージシャンは逆境に強い。こういう行動を起こすのが、ミュージシャンであり、アーティストだと思います」というmabanuaのコメントも心に残った。

 ジャンルの枠を超えた音楽を発信し続けるTRI4THは、フランスのジャズフェス「Jazz à Vienne」とのコラボ企画として女性シンガー、チャイナ・モーゼスとの遠隔セッションを披露。官能的なボーカルとシックな演奏で視聴者を惹き付けた。さらに“やのとあがつま”(矢野顕子、上妻宏光によるユニット)も。演奏されたのは、富山に伝わる民謡「こきりこ節」。ジャズをルーツに持つ矢野、津軽三味線奏者として世界的に知られる上妻、さらに電子音楽家の深澤秀行のセッションは、完全にジャンルを超越。トラディショナルな音楽と優れた演奏能力、最新鋭のトラックが融合した刺激的なパフォーマンスだった。(矢野さんの部屋にあった、ヒグチユウコの猫クッションもかわいかったです)

 この日、もっとも大きなインパクトを感じたコラボは、小田朋美×中山晃子。ジャズ、現代音楽などを網羅した音楽性で知られる小田朋美と、即興性を重視したアライブペインティングアーティストの中山晃子は、「最近はまってることは?」「映画を観てますね。最近見たのは『次の朝は他人』『死刑台のエレベーター』……」という会話から流れるようにパフォーマンスへ。エキゾチックな旋律、エレクトロニカと生楽器が混ざり合うサウンド、そして、炭酸水、絵の具、オイルなどを使った流動的なペインティングによる“セッション”が繰り広げられた。

 オーストリアの湖畔で撮影されたバルトロメイ・ビットマン(チェロ×バイオリンのユニット)、驚異の手数と正確なタイム感を併せ持った川口千里(Dr)、アフロキューバンジャズを牽引するロベルト・フォンセカ(キューバを代表する女性シンガー、ダナイ・スレイアスと共演)、GoGo Penguinの過去の名演シーンの後、カザフスタンの大スター、ディマシュ・クダイベルゲンが登場。“6オクターブの貴公子”と称されるディマシュは、カザフスタンの歴史をもとにした楽曲「Samal Tau」、さらに“苦悩する地球人からのSOS”をテーマにした「S.O.S d’un terrien en détresse」を伝統的な楽器ととともに披露。繊細さと力強さを併せ持った歌声を響かせた。また、この日はディマシュの26才の誕生日ということで世界中のファンからのメッセージ映像も公開された。

 最後はアル・ジャロウ、Sly & The Family Stone、バート・バカラックの東京JAZZでの名場面を紹介し、「TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM」は幕を閉じた。現代のジャズの魅力、そして、世界的なジャズフェスとなった東京JAZZの歴史と意義を実感できるイベントだった。

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

■イベント概要
『TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM』
2020年5月23日(土)、24日(日)
両日 20:00〜22:40(日本時間)
配信 : 東京JAZZ公式YouTubeチャンネルにて無料配信
配信楽曲のアーカイブはこちら

主催 : 東京JAZZ実行委員会(NHK、NHKエンタープライズ、日本経済新聞社)
特別協賛 : 一般財団法人セガサミー文化芸術財団一般財団法人セガサミー文化芸術財団
出演アーティスト : 上原ひろみ、上原ひろみ&ジョシュア・レッドマン、H ZETTRIO、Ovall × Gotch、Ovall × Ruri Matsumura、小曽根真 featuring No Name Horses、
小田朋美×中山晃子、川口千里、ゴーゴー・ペンギン、Still Dreaming with ジョシュア・レッドマン、ロン・マイルス、スコット・コリー & デイヴ・キング、チック・コリア、ティグラン・ハマシアン、ディマシュ・クダイベルゲン、デヴィッド・サンボーン、TRI4TH feat. チャイナ・モーゼス、挾間美帆 m_unit surprising guest リオーネル・ルエケ、バルトロメイ・ビットマン、平原綾香、日野皓正、fox capture plan、ボブ・ジェームス、マイケル・リーグ、マンハッタン・トランスファー、ミシェル・カミロ、ミシェル・ンデゲオチェロ、やのとあがつま(矢野顕子&上妻宏光)、ラリー・カールトン、リー・リトナー、ロベルト・フォンセカ、ダナイ・スアレス ほか

MC : ハリー杉山、セレイナ・アン

公式サイト
公式Facebook
公式Twitter
公式Instagram
公式YouTube

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる