DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」バイラルチャート上昇中 表現者として成長し続ける北村匠海の歌声

参考:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(5月28日公開:5月21日~5月27日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:yama「春を告げる」
2位:瑛人「香水」
3位:YOASOBI「夜に駆ける」
4位:優里「かくれんぼ」
5位:DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」
6位:Meland×Hauken「Chernobyl 2017」
7位:神はサイコロを振らない「夜永唄」
8位:ブライアン・イーノ「1/1 Remastered 2004」
9位:Shuta Sueyoshi「HACK」
10位:レイ・パーカー Jr.「Ghostbusters」

DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」

 順位変動はあったものの、yama、瑛人、YOASOBIが先週に続いてトップ3をキープし、不動の強さを見せている。8位のブライアン・イーノや10位のレイ・パーカー Jr.をはじめ、トップ50全体で洋楽が多数ランクインしているのは、5月24日に公開されて話題を呼んだ嵐のプレイリスト「Listening Together」の影響だろう。そんななか、今週は5位のDISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」に注目したい。

 原曲となっている「猫」は、2017年にリリースされたDISH//のシングル『僕たちがやりました』収録のカップリング曲。作詞作曲を務めたのはあいみょんだ。ゆったりしたメロディ、美しいストリングスのアレンジ、語りかけるような北村匠海の歌声、後悔も切なさもユーモアも入り混じり合った歌詞など、印象に残る要素を多数含んだ名曲として、ファンの間で高い人気を誇っている。

 まず、オリジナルバージョンの「猫」が今年バイラルチャートを駆け上がったのは、3月20日の『THE FIRST TAKE』(アーティストの自宅やプライベートスタジオから、一発撮りによる楽曲を届けるYouTubeコンテンツ)出演直後で、4月9日公開分では33位にランクインしている。さらに、4月7日にはDISH//のOfficial YouTube Channelで「猫」を披露した昨年のライブ映像がアップされたことも相まって、バイラルチャートのランキングも急上昇。4月30日公開分では13位を記録し、5月中も30位圏内に残り続けている。

DISH// 『猫』DISH// Spring Tour 2019@市川市民文化会館FULL ver.(歌詞付き)

 そして今週見事5位にランクインしたのは、原曲と異なるアコースティックアレンジが新鮮な「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」だ。リリースされたのは『THE FIRST TAKE』の動画公開から1カ月後の4月29日。まさに3月から3カ月に渡って、途切れることない「猫」フィーバーが続いているわけだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる