LiSA「紅蓮華」が『鬼滅の刃』とともに愛され続ける理由は? 作品そのものに寄り添う歌詞などから考察

 LiSAが歌うTVアニメ『鬼滅の刃』(TOKYO MXほか)のOPテーマ「紅蓮華」がロングヒットを記録している。配信リリースから1年以上経ったにもかかわらず、アニメ最終回の放送日から半年以上経ったにもかかわらず、だ。

LiSA『紅蓮華』(初回生産限定盤)

 音源の売上やストリーミングでの再生数、SNSでのユーザーの反応などを指標としたBillboard JAPANのアニメソングチャート“Billboard JAPAN Hot Animation”(5月11日付/4月27日~5月3日集計)で、「紅蓮華」は通算19度目の首位に輝いた。19回も首位を獲得するのは史上初の快挙で、これに続くのは、18回を記録したDAOKO×米津玄師の「打上花火」(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌)、そして17回を記録したRADWIMPSの「前前前世」(映画『君の名は。』主題歌)とのこと。つまり「紅蓮華」は、「打上花火」や「前前前世」に並ぶ規模のヒットソングになったといって差し支えないだろう。

 こういった類のチャートに一度ランクインしても、ピークタイムを過ぎたあとはゆるやかに下降していくケースがほとんどで、だからこそリリースやメディア出演のタイミングを調整し、ピークタイムを複数回設けることがロングヒットの秘訣だと言われている。「紅蓮華」の場合、ピークタイムと呼べそうなタイミングが5回あった。

①2019年4月22日:配信リリース
②2019年5月31日:YouTubeでMVを公開
③2019年7月3日:CDシングルのリリース
④2019年10月21日:「紅蓮華」を含むLiSAの全楽曲のストリーミング配信を開始
⑤2019年11月14日~12月31日:『第70回NHK紅白歌合戦』への出演を発表~『紅白』をはじめとした年末放送の音楽番組に複数出演

 特に④、⑤は、LiSAというアーティストやアニソンに精通していないリスナー層を取り込むきっかけとなったのではないだろうか。それを踏まえたうえでチャートの推移を見てみると、興味深いポイントが2点ある。ひとつは③-④間。アニメ『鬼滅の刃』の最終回が放送されたのは2019年9月28日(放送局ごとに多少タイムラグがあるが)。それを境にランクを落とす可能性も考えられたが、そうはならず、「紅蓮華」は上位に留まっていた。もうひとつは⑤以降。今年に入り、音楽番組出演による年末フィーバー状態が終わってからも、「紅蓮華」の勢いは衰えることがなかった。

LiSA 『紅蓮華』 -MUSiC CLiP YouTube EDIT ver.-

 アニメが終了してからも動き続けていた『鬼滅の刃』関連のトピックといえば、原作となる漫画の連載である。漫画『鬼滅の刃』は『週刊少年ジャンプ』に連載中の作品で、最新話が同誌に掲載されるほか、2~3カ月周期で単行本が発売されている。年末年始の長期休暇や昨今の外出自粛生活を機に、既刊を一気読みしたという人もおそらく少なくはないだろう。また、現在、物語の展開が「最終話に近いのでは?」といった読者の憶測を呼んでおり、さらなる盛り上がりを見せているところだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!