瑛人、TikTok発のヒットでバイラルチャート常連に シンプルなサウンドで際立つ、時代の真ん中を射抜く言葉

参考:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(5月7日公開:4月30日~5月6日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:瑛人「香水」
2位:YOASOBI「夜に駆ける」
3位:Meland × Hauken「Chernobyl 2017」
4位:韻マン「Change My Life」
5位:神はサイコロを振らない「夜永唄」
6位:Rin音「snow jam」
7位:優里「かくれんぼ」
8位:Put a Donk on It「The New Sweet Groove」
9位:Gaho「Start」
10位:Heux「Headstart 2019」

 今回注目したいのは、2週連続でバイラルチャート1位に輝いた瑛人「香水」だ。さらにトップ50まで見渡せば、28位「HIPHOPは歌えない」、22位「シンガーソングライターの彼女」、15位「君の愛と僕の愛」、11位「またね」と計5曲がランクイン。そして5月11日付のBillboard JAPAN ストリーミング・ソング・チャートでも3位にランクインしており、バイラルチャートのみならずストリーミング上での圧倒的な強さを見せている。

香水 / 瑛人 (Official Music Video)
瑛人『香水』

 瑛人は横浜生まれ、22歳のシンガーソングライターである。幼い頃からカラオケで歌うことが好きで、高校卒業後に音楽学校に通いながらシンガーを目指したという彼の楽曲は、アコースティックギターと歌だけという非常にシンプルなスタイル。これまでに、「香水」「またね」「君の愛と僕の愛」の3曲が収録されたシングルと、「HIPHOPは歌えない」「シンガーソングライターの彼女」の2曲が収録されたシングルをリリースしており、すなわち今週のバイラルトップ50には、これまでリリースしてきた楽曲すべてがランクインしていることになる。

瑛人「またね」
瑛人「君の愛と僕の愛」
瑛人「シンガーソングライターの彼女」

 そして、若者を中心にこれほどまでに広まった発端は、やはりTikTokだ。「香水」を歌ってみた動画、歌詞をイラストにした動画、思い出写真を並べた動画など、日常のささやかな一幕を彩る投稿が多数見受けられる。FANTASTICS from EXILE TRIBEの中島颯太が弾き語りでカバーする動画を投稿したことも、人気に拍車をかける要因になったのだろう。しかし今回は、強力なインフルエンサーによる一瞬の波及効果というより、じわじわと楽曲が浸透してバイラルチャートに現れ始めたという印象だ。4月上旬から1カ月以上バイラルチャートに残り続けているのも、楽曲がしっかり長く聴かれていることの証だと言える。

@fantastics_official

初弾き語り投稿。瑛人さんの香水✨##fantastics ##中島颯太##弾き語り##アコギ##春の歌うま ##歌うま##おうち時間##香水##瑛人##さん

♬ オリジナル楽曲 – FANTASTICS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる