竹内唯人、初の連ドラ主題歌「ニビイロ」がバイラルチャート浮上 大人の表情を覗かせた芯のある歌声に注目

参考:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(3月12日公開:3月5日~3月11日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:Uru「あなたがいることで」
2位:The Chainsmokers「Closer – Tokyo Remix」
3位:Official髭男dism「I LOVE…」
4位:Powfu「death bed (feat. beabadoobee)」
5位:竹内唯人「ニビイロ」
6位:KALMA「これでいいんだ」
7位:地縛少年バンド「No.7」
8位:レミオロメン「3月9日」
9位:YOASOBI「夜に駆ける」
10位:相沢「ベノム」

 先週バイラルチャート上位に初登場したUru「あなたがいることで」が、今週は堂々の1位に。いよいよ最終回を控える日曜劇場『テセウスの船』(TBS系)とともに、楽曲の注目度もますます高まっているようだ。その他にもTVアニメ『地縛少年花子くん』(TBS系)のために結成されたスペシャルユニット・地縛少年バンド(生田鷹司×オーイシマサヨシ×ZiNG)によるオープニングテーマ「No.7」や、3月になれば多くの人が思い浮かべる国民的な1曲、レミオロメン「3月9日」などが新たにチャートインしている。その中で、今回は5位の竹内唯人について書いていきたい。

 竹内唯人は、歌手、俳優、モデル、YouTuberなど幅広い分野で活動する19歳で、兄は人気俳優の竹内涼真、妹はモデルとしても活躍するたけうちほのかである。AbemaTVの恋愛リアリティー番組『オオカミちゃんには騙されない』に出演したことで大きな注目を浴び、昨年10月に歌手デビューを果たした。sooogood!がトラックメイクしたデビュー曲「Only Me」でいきなり自ら作詞を担当すると、続く「CINDERELLA」は恋愛の実体験を歌詞にしたためた楽曲となっており(sooogood!との共作)、作詞の才能にも大きな注目が集まっている。

【LINE MUSICで話題!!】竹内唯人 “Only Me” (Official Video)
【LINE MUSICで話題!!】竹内唯人 “CINDERELLA” (Official Video)

 そして今回取り上げる「ニビイロ」は3曲目となる配信シングルであり、テレビ朝日系の連続ドラマ『鈍色の箱の中で』主題歌。歌手デビューからわずか4カ月で抜擢された連ドラ主題歌であり、3月14日に最終話を迎えたドラマの展開に沿うように「ニビイロ」も先週のバイラルチャートを一気に上昇している。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!