JO1 河野純喜×佐藤景瑚の“98ズ”、持ち前の愛されキャラでメンバーの架け橋に グループの仲良しぶり際立たせる役割も

JO1 河野純喜×佐藤景瑚の“98ズ”、持ち前の愛されキャラでメンバーの架け橋に グループの仲良しぶり際立たせる役割も

 順調に活動の幅を広げているJO1メンバーたち。雑誌やSNSで取り上げられるのはもちろん、『めざましテレビ』(フジテレビ系)や『ポケモンの家あつまる?』(テレビ東京系)への出演など、メンバー数人でテレビ出演することも増えてきた。本日30日もそうだ。初冠ラジオ番組『文化放送ライオンズナイタースペシャル日本を音楽でアゲる! JO1 無限大Radio』(文化放送)が、19時から21時までに放送される。スタジオに出演するのはメンバーの與那城奨、白岩瑠姫、河野純喜の3人。喋りが得意なメンバーがそろっているが、なかでも元気印の河野に期待したい。JAMからはもちろん、メンバーからも人気のある河野は様々なメンバーと仲が良い様子を見せてくれており、多くのケミ(コンビ)が存在する。今回はそんな河野と同級生の佐藤景瑚とのケミ「98ズ」を紹介したい。

 『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!/TBS系)では河野がボーカル、佐藤がオールラウンダータイプとあり、最後のデビュー評価まで同じグループになることはなかった2人。だが、JO1の中では真ん中の年齢に位置する同い年とあり、思わず口元が緩むほどの仲睦まじさを見せてくれている。Instagramのストーリーにアップされているファンミーティングの裏側の様子の中では楽しそうにふざけあったり、『PROTOSTAR』発売を記念してアップされた佐藤の動画では最後に河野が割り込んでワイワイしたり、公開されている動画を見ると彼らがはしゃいでいる姿を多々見ることができる。その他にも、河野の誕生日に佐藤が一人でプレゼントを買いに行ったと話していたこともあるほどの仲の良さだ。

 そんな彼らの名コンビぶりが見えるのは、メンバーからの扱い。JO1のメンバーは2人よりも年下のメンバーが多く、河野と佐藤はお兄さんらしく年下のメンバーたちを可愛がろうとする様子が見られる。だが、年齢関係なく2人とも絶妙ないじられ具合を発揮している。例えば、4月27日にYouTubeにアップされた「1st FANMEETING at PACIFICO YOKOHAMA」。なんでもランキングのコーナーで、佐藤はメンバーの鶴房汐恩から「彼氏にしたいメンバー」最下位に選ばれてしまう。

JO1|1st FANMEETING at PACIFICO YOKOHAMA

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる