KERENMI「ROOFTOPS feat. 藤原聡」がバイラルチャート1位 蔦谷好位置の“翻訳力”や“実験性”が表れたプロジェクトに

KERENMI「ROOFTOPS feat. 藤原聡」がバイラルチャート1位 蔦谷好位置の“翻訳力”や“実験性”が表れたプロジェクトに

参考:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(2月6日公開:1月30日~2月5日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:KERENMI「ROOFTOPS feat. 藤原聡」
2位:YOASOBI「夜に駆ける」
3位:森七菜「カエルノウタ」
4位:Tetsuo「馬と鹿」
5位:落合渉「君が隣にいることいつか当たり前になってさ」
6位:Matt「予想もつかないStory」
7位:Billie Eilish「bad guy」
8位:King Gnu「白日」
9位:LiSA「紅蓮華」
10位:三阪咲「We are on your side」

 グラミーの主要部門を総なめし、ますます勢いに乗るビリー・アイリッシュ。日本でもドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)の主題歌に起用されている「bad guy」が急上昇するといった現象も興味深いが、今回は前週の18位から一気に1位へとジャンプアップしたKERENMI「ROOFTOPS feat. 藤原聡」について取り上げたい。

KERENMI「ROOFTOPS feat.藤原聡」

 そもそもKERENMIとは、YUKI、Superfly、ゆず、エレファントカシマシ、米津玄師、JUJU、back number、[ALEXANDROS]、Official髭男dismなど、多くのアーティストへの楽曲提供やプロデュース、アレンジを手掛けてきた人気プロデューサー・蔦谷好位置のソロプロジェクトだ。

 蔦谷好位置という名前を耳にしたことのある音楽リスナーは多いだろうが、実際に彼が一人のアーティストとしてどのような音に興味関心を持ち、どのように自身の音を作る人なのか、という部分については、あまりスポットが当たってきていないように感じる。個人的に、その側面を見る(聴く)ことができたのは、かつてJ-WAVEで木曜ナビゲーターを務めていた『THE HANGOUT』だった。J-POPプロデューサーとしてのイメージが強い蔦谷が、洋楽・邦楽のオススメを満遍なく紹介するなど、音楽オタクとしてのパーソナリティを如何なく発揮。その解説もアーティストの独りよがりではなく、“先生”としていちラジオリスナーにわかる範囲まで咀嚼・翻訳して伝えてくれることに、いたく感動したのを覚えている(その素晴らしさは『関ジャム 完全燃SHOW』での立ち振る舞いにも共通する)。そんな彼の“翻訳力”のすごさが如実に出ているプロジェクトがKERENMIだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!