カントリー・ガールズが全うしたアイドルとしての矜持 4人の卒業&グループ活動休止ライブで見せた満面の笑顔

カントリー・ガールズが全うしたアイドルとしての矜持 4人の卒業&グループ活動休止ライブで見せた満面の笑顔

「最後まで、愛おしくってごめんね!」

 2014年11月、カントリー娘。から改名しての再出発。グループの名刺代わりとなる言葉「愛おしくってごめんね」ではじまったカントリー・ガールズは、2019年12月26日、LINE CUBE SHIBUYAにて、この言葉でメンバー4人全員が卒業、グループの活動を休止した。

カントリー・ガールズ

 『カントリー・ガールズ ライブ2019 ~愛おしくってごめんね~』と銘打たれた現体制4人のラストライブ。オープニングはもちろん1stシングル曲「愛おしくってごめんね」。それぞれメンバーカラーの衣装を纏った山木梨沙、森戸知沙希、小関舞、船木結の4人が右手を頭の上に乗せる茶目っ気たっぷりのお馴染みの振りポーズをキメると、大歓声に包まれた。

 「……え? ごめん、怒ってる……?」「もう、あなたって、なんにもわかってない!」……小関と森戸の息の合った寸劇ではじまる「わかっているのにごめんね」。早くも涙腺が危うい小関と、それにつられそうになる船木。その2人を見て目配せしながらフォローする森戸。そして、そんな3人の様子を見守りながら最年長の山木が「若いっていいわねぇ~! 何をしてもカワイイんだもんねぇ~」と、かつてのプレイングマネージャー・嗣永桃子の台詞を口にする。現在の4人の関係性が垣間見えた瞬間でもあった。

 カントリー・ガールズはハロー!プロジェクトの中でも特異なグループだ。比類なき強さと強烈な個性を感じさせる他グループとは違い、可憐な少女を連想させるビジュアルと楽曲は、古き良き日本のアイドルアイコンらしくもあり、言わずもがな嗣永から継承した“ももちイズム”を感じる部分でもある。初期のトレードマークであったポニーテールを久々にしてみたという森戸に、Berryz工房の活動停止以来、封印していた“ももち結び”をラストライブで復活させた嗣永と重ねた人も多いだろう。しかし、この日4人が見せたものはそれだけではなかった。スーパーバイザーの里田まいの想い、そして、モーニング娘。から多数のゲストを迎えてきたカントリー娘。の軌跡を、現在の4人のカントリー・ガールズとして存分に見せてくれた。

 ロカビリー調の「ピーナッツバタージェリーラブ」から、カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)のオールディーズな雰囲気漂うナンバー「シャイニング 愛しき貴方」へ。こうした新旧入り乱れながらのセットリストはシームレスで、なによりもライブ運びが実に秀逸だった。

 この5年間、セクシー対決をしてきたという彼女たち。その集大成ともいえる映像コーナーで笑いを誘い、加入当初、嗣永に「まだ早い」と叱られたと語る船木を含め、5年前と比べてすっかりセクシーさも様になった4人が大人っぽい衣装で披露したのは、カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)、里田まいが加入して初のシングル「色っぽい女~SEXY BABY~」。当時、石川の艶っぽさが印象的だったこのナンバーを、4人なりのあでやかさで魅せつける。つづく「ブギウギLOVE」「Good Boy Bad Girl」というロックテイストのカントリー・ガールズナンバーも、その余韻を漂わせながらいつもとは違うセクシーな雰囲気たっぷりに魅了した。

 「先輩 ~LOVE AGAIN~」での山木、小関の表現力、森戸の順応性と船木のしなやかな歌も聴きどころだった。藤本美貴と紺野あさ美が参加した高い歌唱力を必要とする同曲を、カントリー・ガールズ流に昇華させ、元アンジュルムの福田花音が作詞を手掛けた「傘をさす先輩」へと導いていく。さらにそこから「恋はマグネット」に繋ぐ、時代はバラバラながらも、もの悲しい恋の歌でつなげたセクションは、カントリー・ガールズのボーカルグループとしての存在感と、世代を超えたカントリー娘。からの伝統をあらためて感じることができたハイライトであった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる