日向坂46、『紅白歌合戦』初出場は必然? グループの特性から見えてくる番組との親和性

 日向坂46が『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に初出場することが決定した。前身であるけやき坂46の誕生からもうすぐ4年。2019年2月11日に日向坂46へ改名し、同年3月27日に『キュン』でシングルデビューすると、瞬く間に人気を獲得。3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』に至るまで3作連続で初週40万枚超えの売上を記録(参照)という女性アーティスト初の快挙も果たし、現在は横浜アリーナやさいたまスーパーアリーナといった大規模な公演も即完させてしまうほど。そんな彼女たちの人気を考えれば、『紅白』に出演することは「必然」だ。

日向坂46『こんなに好きになっちゃっていいの?』(通常盤)

 見る人を笑顔する“ハッピーオーラ”を掲げて活動している日向坂。彼女たちのそのフレッシュさ/天真爛漫さは、一見“王道アイドル”のようにも思えるかもしれない。しかし、多様化している現在のアイドル界においては稀な存在になりつつある。『紅白』でも日向坂は、ひときわ目立った存在感を放ってくれるのではないだろうか。また、そんな彼女たちのカラーに合致した「キュン」や「ドレミソラシド」といったキャッチーなポップソングは、お茶の間での受けもよさそうだ。

 『紅白』に出場するアイドルは、ベテラン歌手や演歌歌手のバックダンサーとしてのサポートや、番組企画での盛り上げ役を任せられることが多い。少々イレギュラーでもあるが、日向坂はこうしたパフォーマンスも得意としているグループだ。歌番組『うたコン』(NHK総合)では、五木ひろしや森進一のバックダンサーを務めたこともある(金村美玖はデーモン閣下と仲睦まじく踊り「悪魔に魂を売った」と話題になるほどの相性の良さを見せつけた)し、2018年には『Hot Stuff Promotion 40th Anniversary “MASAKA”』で、きゃりーぱみゅぱみゅともコラボし、幸福感に包まれた空間を作り上げた。日向坂はコラボ職人でもあるのだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!