DEEP SQUAD、初インタビュー メンバー6人で目指す、新しい歌のエンタテインメントとは?

DEEP SQUAD、初インタビュー メンバー6人で目指す、新しい歌のエンタテインメントとは?

 コーラスグループのDEEPが新たな才能を見い出すため、約4カ月間に渡って行ってきた『DEEP VOCALIST AUDITION』。7月22日にマイナビBLITZ赤坂にて行なわれた最終審査にて宇原雄飛、杉山亮司、比嘉涼樹の3名が選出され、新プロジェクト「DEEP SQUAD」のスタートが発表された。DEEP SQUADは、元のDEEPの形も残しつつ、新たに加わったメンバーとの組み合わせで様々なボーカル表現を行うプロジェクトになるとのこと。既存メンバーにとっても、新メンバーにとっても、新たな挑戦の幕開けとなった『DEEP VOCALIST AUDITION』と、DEEP SQUADの誕生について、6人の思いを聞いた。(高橋梓)

DEEPの未来を一番想像できた3人

左から、杉山亮司、比嘉涼樹、宇原雄飛

ーーまずは新メンバーの方々、改めて自己紹介をお願いします。宇原さんからどうぞ。

宇原雄飛(以下、宇原):18歳、大阪府出身です。特技はサッカーで、趣味は風景を見に行くことです。おすすめは生駒山の絶景スポットです。

TAKA:無添加オーガニックボーカリスト(笑)。彼はナチュラルな人柄で、すごく真っ直ぐなんですよ。ボーイスカウトとか似合いそうだよね。

宇原:帽子も好きです。

KEISEI:DEEP SQUADに入ってなかったら、ボーイスカウトをやってたかもしれないね(笑)。

ーー宇原さんは素朴さが魅力ですね。では、比嘉さんお願いします。

比嘉涼樹(以下、比嘉):沖縄出身の23歳です。趣味はアニメとファッションで、服はモードっぽいのもストリートっぽいのも好きです。ブランドだと、自分ではまだ買えないですけれどCELINEがかっこいいなと思います。

KEISEI:沖縄の音楽はやらないの? この前、BEGINさんの「オジー自慢のオリオンビール」を歌ってたじゃない?

比嘉:エイサーとか、有名な曲を知ってるくらいです。

YUICHIRO:指笛、吹けないの?

比嘉:できます!(実演)

一同:おー!

KEISEI:今度、楽曲でそういうの入れちゃおうか、指笛。

YUICHIRO:沖縄っぽい音楽をやるきっかけにもなるかもね。三線とか。

比嘉:練習しておきます。

ーー最後は、杉山さんお願いします。

杉山亮司(以下、杉山):23歳、埼玉県出身です。趣味はサッカーと、ラップのリリックとか歌詞を書いたりすることです。

KEISEI:もともと塗装工をやってたよね。

杉山:バイトで塗装工をやってたので、それは特技ですかね。

KEISEI:どこを塗るの?

杉山:壁を塗りつつ、人の心も僕の色に塗っていけたら……。

KEISEI:キャッチコピーは、「人の心に色を塗る仕事をしてます、杉山亮司です」だね(笑)。僕も色を塗りたいですっていうファンができるかもよ。

ーーキャッチーで良いですね(笑)。『ROAD TO D 夢への軌跡』(MixChannel)の中で、TAKAさん、YUICHIROさん、KEISEIさんは「ファイナリストは全員良かった」と話していました。その中でも3人にキラリと光るものを感じたのですか?

TAKA:はい。オーディションを受けてくださった皆さんからインスパイアを受けることもありましたが、中でもこの3人はこれからのDEEPの未来を想像するにあたって一番インスパイアを受けたというか。これからが想像できた3人です。

YUICHIRO:ファイナリスト7人と歌っていく中で、この3人が一番フィーリングが合うと思いました。杉山くんに関しては、ラップもできたりとか。新たな風を吹き込んでくれる可能性を感じて選ばせてもらいました。

KEISEI:彼ら3人は、自分をさらに跳ねさせる見せ方を知らず知らずのうちにやってるんです。そういうものを最初から持ち合わせていたので、ステージ上に立つべき人間として生まれてきた3人だなって。あとは全員、真面目です。そこが僕の中では一番、評価したところ。こんなにルックスがいいのに、男気しかないっていう。

ーー合宿を通すと、人間性も透けて見えてきたり。

KEISEI:見えます。最初3人と会った時に、もっとツンツンしてるだろうなって思ってたんです。宇原くんは関西弁でお調子乗りなのかなとか、比嘉くんももっと尖ってるのかなとか。でも全然そういうのは無かったんです。映像と話してみてのギャップが素敵だな、と。杉山くんも優しくて、可愛らしいです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる