稲垣吾郎の声に酔いしれるチャンス到来 『クリムト展』音声ガイド、13年ぶり声優業の挑戦

 2019年は、稲垣吾郎の声に酔いしれるチャンスが豊富だ。まずは、東京・東京都美術館(4月23日〜7月10日)、愛知・豊田市美術館(7月23日〜10月14日)で開催される『クリムト展 ウィーンと日本1900』。スペシャルサポーターに就任した稲垣は、初の音声ガイドに挑戦している(参照:【クリムト展】 スペシャルサポーター稲垣吾郎さんからメッセージ!)。

 稲垣とクリムトは、ベートーヴェンというキーワードで繋がっている。今回のクリムト展では、ベートーヴェンの第9に着想を得て制作された34メートルの壁画「ベートーヴェン・フリーズ」の原寸大複製が展示されている。一方、稲垣は舞台『No.9-不滅の旋律-』でベートーヴェン役を演じ、再演を前に昨年春ウィーンに訪問。その際、クリムトの作品を鑑賞したのだ。実体験が伴うと、人の声には説得力が増す。

 また、言わずもがな稲垣の落ち着いたトーンの語り口は、クラシックな空間との相性がいい。なめらかな声色で、軽やかな聞き心地。それでいて脳内で甘味を感じながら、ほんのり渋みが広がっていく。稲垣の声を形容しようとすると、なぜか彼の好きな赤ワインを彷彿としてしまう言葉が並ぶ。これほど甘美な声を持ちながら、これまで音声ガイドを手がけたことがなかったというのは驚くばかり。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!