>  >  > 稲垣吾郎のハイブリットな魅力

稲垣吾郎、ブレることのないハイブリットな魅力 『ななにー』“さすが吾郎ちゃん“なバースデー回

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年ラストとなる『ななにー』こと『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)#9は、12月8日に誕生日を迎える稲垣吾郎が、“さすが吾郎ちゃん“な魅力満載な回となった。

 オープニングから、この日の稲垣は注目の的。木村カエラをゲストに迎えたスペシャルコラボライブでは、稲垣は主演舞台『No.9 -不滅の旋律-』の東京公演千秋楽から直接駆けつけ、そのままステージへ。本番30秒前でもまだ舞台袖に着いておらず、「本当のライブだったね」と草なぎ剛が話していたように、想像以上にギリギリのスケジュールだったようだ。

 生きている時間を共有している、まさにライブな展開こそ、この『ななにー』の醍醐味。少々のミスは、ご愛嬌。「完璧でしたよ、ステージ(笑)」と香取慎吾がイジると、稲垣はちょっと困ったような笑い顔を見せて、マイクを持ってウロウロしてみせるジェスチャーで笑いを誘う。そんな切り返しも含めて、稲垣の対応力の高さを感じさせる一幕だった。

 続いて、イルミネーションが美しい、夜のよみうりランドでSNS映えするアトラクションを巡ることに。すると、今度は稲垣の絶叫マシンNGぶりが炸裂。次々と紹介されるスリル満点のアトラクションに、「人生にスリルっている?」と名言が飛び出す。率先して撮影係に手を挙げ、乗るのは「やだやだ」と断固拒否。“やだやだ芸“として確立されたかのような面白さがあった。

      

「稲垣吾郎、ブレることのないハイブリットな魅力 『ななにー』“さすが吾郎ちゃん“なバースデー回」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版