>  >  > 琴音『1st note TOUR 2019』レポ

琴音の歌声とオーガニックなバンドアンサンブルで魅せた、初ワンマンツアー最終公演

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シンガーソングライターの琴音が4月3日、東京・渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、自身初となるワンマンツアー『1st note TOUR 2019 -明日へ-』の最終公演を行なった。

 この日の公演はチケットが即日完売。『音楽チャンプ』をはじめ、様々なオーディションでグランプリを獲得し、お茶の間に「琴音現象」ともいえるほどのインパクトを与えただけあって、会場には親子連れからカップルまで、老若男女の実に幅広いファンが300名以上集まっていた。


 客電が落ち、ブルックリンのドリームポップバンド、Barrieの「Clovers」が流れる中、まずはバンドメンバーがステージに現れる。バンドマスターは、元・森は生きているのリーダーで、現在はソロで活躍している岡田拓郎(Gt)。彼を筆頭に、同じく元・森は生きているの鍵盤奏者で現在はトクマルシューゴやスカート、ラッキーオールドサンなど様々なサポートを行っている谷口雄(Key)、ポップデュオDadaDのShigekuni(Ba)、そして赤い靴のメンバーで、Predawnや関取花などのサポートでも知られる神谷洵平(Dr)という、今を時めくメンツが並んでいる。

 ストライプのセットアップに身を包んだ、マニッシュな雰囲気の琴音が遅れて登場すると、会場からは割れんばかりの拍手が巻き起こり、まずは昨年7月にリリースした初の全国流通盤ミニアルバム『願い』の表題曲で本公演はスタートした。しっとりとしたエレピのバッキングの上で、スモーキーかつ説得力溢れる琴音のボーカルがメロディを奏で、サビでドラムとベースが加わると、世界が一気に広がっていくのを感じる。タメの効いた柔らかな音色のドラム、軽やかに刻まれる乾いたサウンドのギター、シンプルだがツボを押さえたベース。そんな、オーガニックなバンドアンサンブルが、琴音の持つ声のニュアンスを存分に引き出している。

 続いてデビューEP『明日へ』から「戯言~ひとりごと~」を披露すると、リズミカルに刻まれるエレピに合わせてフロアからは、自然発生的にハンドクラップが。ハネるようなドラムはリンゴ・スターを彷彿とさせ、この曲の持つビートリーな雰囲気を一層くっきりと際立たせている。未発表の新曲「幻想」は、アーシーなコード進行とブレイクビーツのようなドラミングが、ダニエル・シーザーとH.E.Rのコラボ曲「Best Part」を思わせる新境地。抑揚を抑えつつも、じわじわと熱を帯びていくような「夢物語」、まるでディアンジェロやエリカ・バドゥのような、音数を削ぎ落としたアンサンブルが印象的な「Aries」と、J-POPを基調とした楽曲の随所に洋楽的なイディオムをちりばめていくセンスは、このメンバーならではといえよう。そんな、百戦錬磨の強者たちに囲まれながらも、臆することなく歌い上げる琴音の“肝の据わり振り”には、ただただ圧倒されるばかりだ。

      

「琴音の歌声とオーガニックなバンドアンサンブルで魅せた、初ワンマンツアー最終公演」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版