sweet ARMS×坂部剛『デート・ア・ライブ』音楽で描く絆の物語「士道と精霊の距離が近づいてる」

sweet ARMS×坂部剛『デート・ア・ライブ』音楽で描く絆の物語「士道と精霊の距離が近づいてる」

「I swear」で描かれる士道と精霊たちの深い絆

――では、OPテーマの「I swear」はどんな風に制作を進めていったのでしょう?

坂部:「I swear」は、1期のオープニング・テーマ「デート・ア・ライブ」や2期のオープニング・テーマ「Trust in you」、劇場版の主題歌「Invisible Date」といったこれまでの楽曲と同じようにストリングス、ドラム、ギターを中心にした楽器編成やイントロの雰囲気は踏襲しつつ、楽曲としては少し毛色を変えようと思って、サビのはじまりを四つ打ちにしたりしています。『デート・ア・ライブ』シリーズの中では初めて、ドラムも生で録っていて、それもすごくよかったです。これまでの楽曲よりも、ちょっと明るくなっていると思うんですよね。

佐土原:私も最初に聴かせていただいたとき、「わぁ、明るい!」と思いました。

坂部:ただ、最初は「ここまで明るくしていいのかな?」と、不安でもあったんです。「何か言われたら直そう」と思っていました。

富樫:でも今回、レコーディングをしていて、その楽曲の温かい旋律に救われたような感覚がありました。

野水:より精霊たちと士道くんとの距離が近くなっているような、柔らかい雰囲気が生まれていますよね。そういう意味でも、坂部さんは本当に作品に寄り添う楽曲を作ってくださる方だな、と思いました。

――確かに、これまでの楽曲は、徐々に距離の近さが楽曲に生まれながらも、歌詞も含めてどこかまだ不安のようなものも滲ませていたと思うのですが、新曲の「I swear」は、士道と精霊たちの信頼感がよりストレートに感じられるものになっているように感じました。

富樫:私もそう思います。曲をいただいたとき、今までの曲を最初に聴いたときのことを思い出して、グッときたりもして。すごく感動する曲だと思いました。

――〈どんな声も届いていると信じられるの〉という歌詞もとても象徴的です。

野水:「デート・ア・ライブ」のときは〈信じてみたい〉でしたからね。『デート・ア・ライブⅢ』ではOPの映像の最後で士道くんが精霊たちに手を伸ばしていて、彼女たちが十香から順番に変わっていくシーンがありますけど、今回の「I swear」はそのイメージで歌いました。私も最初に聴いたときは「明るい……! これはどうなっていくんだろう?」とも思ったんですけど、歌ううちに腑に落ちて、「3期はこれでいいんだ」と納得できました。

坂部:僕自身も、sweet ARMSのみなさんが歌っているのを聴いてやっと、「ちゃんと『デート・ア・ライブ』の曲になった」と感じたんです。1期も2期も、劇場版の「Invisible Date」も、ある種の暗さを持っていたと思うんですけど、今回はそれが薄らいでいて。でも、みなさんに歌っていただいたとき、「これでよかったんだ」と思いました。

野水:ただ、今回の曲はすごく難しいんです。個人的には、過去最大難易度だと思っていて。

味里:私も、「I swear」は歌うのが一番大変で、かなり時間をかけて録っていただきました。歌っていくうちに分かってくる部分も色々とあって、最後まで録り終わった後に、最初の部分をやり直させてもらいました。「これはもっと明るく歌った方がいい」と感じたので。

――坂部さん、みなさんがこれまででも難しい曲だと言っていますが……。

野水&富樫&佐土原&味里:(笑)。

坂部:意識して難しくしようとは思っていなかったんですけどね(笑)。

――では、これまで制作をともにしてきたお互いの信頼感があってこその話なのかもしれないですね。sweet ARMSのみなさんからしても、坂部さんへの信頼感があるはずですし。

野水:もちろんです。坂部さんのことはとても信頼していて――。

佐土原:「坂部さんの曲で、sweet ARMSじゃなかったらどうしよう!」って思います。

野水:「やだやだ! 絶対歌うぞ!!」という気持ちです(笑)。

佐土原:あと、私は今回、みんなで掛け合うパートもすごく好きなんですよ。色んな人が、色々な想いで言っている歌詞のように聞こえるので。

野水:『デート・ア・ライブ』の曲は、追いかけやクロスするようなパートを色々と作ってくださっているのも印象的で、そこにみんなが団結して前に進んでいくような雰囲気を感じます。MVの撮影でも、4人で同じ振りを追いかけで表現していて、そこでもギュッと身が引き締まります。

富樫:でも、やっぱりイントロもいいんですよね。今回最初に楽曲をいただいたときも、「よし、来た!!」という気持ちになりました。

野水:「3秒でグッと掴まれる」ですね(笑)。

――坂部さんの言葉で言い換えると「バーン!!」でもあるのかもしれません。

坂部:(笑)。僕もイントロや掛け合いのところはポイントだと思います。

――みなさんにとって、『デート・ア・ライブⅢ』での時間は、どんなものになっていると思いますか。また、シリーズの今後については、どんな期待をしていますか?

佐土原:「これからも作品が続いていってほしいな」と思います。そしてもしできるなら、坂部さんの楽曲で、私たちもまた歌わせていただくことができたら、とても嬉しいです。

味里:私たち自身、坂部先生の楽曲をもっと歌いたいですし、これからもシリーズが続いていくためにも、みなさんにもぜひ応援していただきたいです。

富樫:私が演じる折紙にとっては、3期はこれまでのシリーズの中で一番の戦いになるので、プレッシャーと戦いながらここまできています。でも、精霊は他にもたくさんいるわけなので、やっぱり「最後まで続いてくれたらいいな」と思います。とにかく、今はチーム一丸となって、いい作品を作ることに集中しているところです。

野水:以前から知ってくださっていた方にとっては待望の3期だと思いますし、この約3年半の間に新しく作品を知ってくださった方も、すごく増えていて。海外、特に中国では、そこだけでしか出ていないゲーム作品で声を演じてもいますし、現地のイベントでも「四糸乃ー!」とか、「『デート・ア・ライブ』が大好きです!」とか、作品への気持ちを日本語で伝えてくださる方も、すごく多いんです。なので、「ずっと見続けていたい作品がまたはじまったのかな」とも思いますし、はじまったということは、いつかは終わりもあるということなので、最後まで楽しみに観ていただけるととても嬉しいです。

坂部:『デート・ア・ライブ』の作業は、すごく楽しいですね。僕は主題歌も劇伴もやらせていただくという稀有な体験をさせていただいていますし、「ずっとやっていたいな」と思っているところです。

(取材・文=杉山仁)

■リリース情報
sweetARMS『I swear』
発売中
【初回限定盤】¥1,800+税
【通常盤】¥1,200+税

<CD収録内容>
1. I swear
作詞:渡部紫緒 作曲・編曲:坂部剛
2. 甘言誘惑Receptor
作詞:野水伊織 作曲・編曲:坪田修平(TRYTONELABO)
3. I swear(Instrumental)
4. 甘言誘惑 Receptor(Instrumental)

<DVD収録内容>
01.I swear Music Video
「デート・ア・ライブⅢ」キャストインタビュー
02.島﨑信長さん(五河士道役)
03.井上麻里奈さん(夜刀神十香役)
04.富樫美鈴さん(鳶一折紙役)
05.茅原実里さん(誘宵美九役)
06.真野あゆみさん(七罪役)

『選んでデート・ア・ライブ ~DATE A LIVE BEST SELECTION~』
発売中
¥2,500+税
<CD収録内容>
TVアニメ「デート・ア・ライブ」より(2013年4月~)
オープニング・テーマ「デート・ア・ライブ」 歌/sweet ARMS
エンディング・テーマ「SAVE THE WORLD」 歌/野水いおり
エンディング・テーマ「SAVE MY HEART」 歌/野水いおり
劇中歌「蕾がひらくとき」 歌/夜刀神十香(CV:井上麻里奈)
劇中歌「16bitガール」 歌/時崎狂三(CV:真田アサミ)
劇中歌「恋のEveryDay☆HappyDay」 歌/五河琴里(CV:竹達彩奈)

TVアニメ「デート・ア・ライブII」より(2014年4月~)
オープニング・テーマ「Trust in you」 歌/sweet ARMS
エンディング・テーマ「Day to Story」 歌/佐土原かおり
劇中歌「マーメイド ラブストーリー」 歌/誘宵美九(CV:茅原実里)
劇中歌「Q&A」 歌/夜刀神十香(CV:井上麻里奈)、五河士織(CV:藏合紗恵子)

劇場用アニメ「劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント」より(2015年8月~)主題歌「Invisible Date」 歌/sweet ARMS
劇中歌「Go☆サマーガール」 歌/誘宵美九(CV:茅原実里)

コンシューマーゲーム「デート・ア・ライブ 凛祢ユートピア」より(2013年6月27日発売)より
オープニング・テーマ「デート・イン・ユートピア」 歌/sweet ARMS
コンシューマーゲーム「デート・ア・ライブ 或守インストール」(2014年6月26日発売)よりオープニング・テーマ「インストレーション」 歌/sweet ARMS

コンシューマーゲーム「デート・ア・ライブ 凜緒リンカーネイション」(2015年7月30日発売)より
オープニング・テーマ「Key of Truth」 歌/sweet ARMS

sweet ARMS公式HP

■アニメ情報
TVアニメ『デート・ア・ライブⅢ』
AT-X、TOKYO MX他にて放送中
AT-X:毎週金曜21時30分放送
リピート放送:毎週(日)深夜2時/毎週(月)13時30分/ 毎週(木)朝5時30分
TOKYO MX:毎週金曜深夜1時40分放送
テレビ愛知:毎週土曜深夜1時50分放送
KBS京都:毎週金曜深夜1時40分放送
サンテレビ:毎週日曜深夜0時30分放送
TVQ九州放送:毎週日曜深夜2時35分放送
BS11:毎週土曜深夜3時放送

dアニメストア:毎週金曜22時配信
AbemaTV:毎週金曜22時配信
ほか配信サイトにて配信予定
アニメ公式HP
アニメ公式ツイッター
 (C)2019 橘公司・つなこ/KADOKAWA/「デート・ア・ライブⅢ」 製作委員会

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!