>  >  > 山崎育三郎、『I LAND』ツアーレポ

山崎育三郎、“テーマパーク”のような『I LAND』ツアー 昆夏美も登場した東京公演を振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

客席登場&熱唱で会場がひとつに

 ゴージャスなミュージカルコーナーの次に待っていたのは、作詞・作曲をした「ヒカリ」。ジャケットを脱ぐと椅子に腰掛け、ピアノ演奏。そして、初めて作詞を手がけた「Keep in touch」。ファンはもちろんスタッフや友人など支えてくれたすべての人たちへの感謝を歌う。続く「宿命」ではステージ上で彷徨い歩きながら歌の世界観を再現し、多才ぶりを発揮する。

 そしてバンドメンバー紹介の後「Congratulations」では、まさかの客席からサプライズ登場。ハイタッチしながら練り歩き、ファンを喜ばせる。ファンとの一体感を大切に、「みんなで空間を創っていきたい」と語っていた山崎の、まさに有言実行な演出だ。1人ひとりに目線を配りながら、伸びやかに歌う〈バージンロード〉は壮観だった。間近で豊かな声量を惜しげもなく披露する姿に、観客も大興奮だ。

 「みなさん、盛り上がってますか? 気づいたら、残り3曲になりました。こっから盛り上がっていきたいと思いますが、いけますか?」と、ラストスパートをかけるべく「イエーイ」「いっくん」のコールアンドレスポンスを繰り広げる山崎。続く「TOKYO」「生きてく強さ」では、飛んだり跳ねたり、のけぞってシャウトしたりと、アツいパフォーマンスで魅了する。「ラスト1曲いけるかー?」と、最後はタオルを振りながら「Wonderland」でステージを駆け回って、客席を楽しませる姿が印象的だった。

 アンコールを願う「いっくん」コールが巻き起こり、繊細なピアノの音色が会場に響く。再びステージに立った山崎は、先程のやんちゃな雰囲気とは打って変わり、「ひそかな夢 EVERMORE」ではベルを想って歌う野獣となった王子だった。威風堂々とした姿で感動を呼んだかと思えば、歌い終わるやいないや「過去最高に長い公演になりました、いやー楽しかった」と満足そうにはにかんで、客席の笑いを誘う。

 ラストソング「smile」の歌詞にある〈君らしく微笑んだらいつの間にか皆も笑ってくれる〉とは、山崎そのものに思えてくる。ミュージカルプリンスらしい立ち振舞いでドキッとさせる“かっこいいっくん”、好きなことに夢中になって話が止まらない“かわいいっくん”、コンサートグッズを紹介するバンドメンバーとワチャワチャな絡みを見せる“面白いっくん”……と、さまざまな“いっくん”を楽しめるのが、コンサートで会う歌手・山崎育三郎の魅力だ。“また、この楽しい空間に遊びに来たい”と、ここにいた誰もがそう思ったに違いない。再び、この夢の国・I LANDに誘われる日を楽しみに、2019年の山崎の活躍を見届けたい。

(取材・文=佐藤結衣/写真=Rina Asahi)

<SETLIST>
M01.I LAND
M02.Get yourself
M03.あいのデータ Happy ver.
M04.Beginning
M05.Turning point
M06.こどもこころ(NHK みんなのうた)
M07.西郷どん紀行〜道しるべ〜(大河ドラマ『西郷どん』)
M08.Empty Chairs At Empty Tables
M09.オン・マイ・オウン
M10.恵みの雨
M11.ミス・サイゴンメドレー(サン・アンド・ムーン〜世界が終わる夜のように〜)
M12.美女と野獣
M13.Keep in touch
M14.ヒカリ
M15.宿命
M16.Congratulations
M17.TOKYO
M18.生きてく強さ
M19.Wonderland
EN1.ひそかな夢 EVERMORE
EN2.smile

山崎育三郎オフィシャルサイト

      

「山崎育三郎、“テーマパーク”のような『I LAND』ツアー 昆夏美も登場した東京公演を振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版