>  >  > DEAN FUJIOKAはポストJ-POPの頼もしい担い手

imdkmのチャート一刀両断!

DEAN FUJIOKAは“ポストJ-POP”の頼もしい担い手に 最新作チャートインを機に考察

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2019年2月11日付週間アルバムランキング(2019年1月28日~2019年2月3日・ORICON NEWS)

 2019年2月11日付の週間アルバムランキングはGOT7の3rdミニアルバム『I WON’T LET YOU GO』が首位を獲得。初登場としてはPoppin’Partyの1stアルバム『Poppin’on!』が4位にランクインしたほか、『あんさんぶるスターズ!』や『Fate/Grand Order』、『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』などスマホゲームやアニメ関連作品が多い。国内アーティストでは中島美嘉の豪華ベスト盤『雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE』が6位、DEAN FUJIOKAの3年ぶりとなる2枚目のオリジナルアルバム『History In The Making』が8位に登場。

DEAN FUJIOKA『History In The Making』

 今回ピックアップしたいのは、DEAN FUJIOKAの『History In The Making』だ。本作にはロサンゼルスを拠点にグローバルな活躍を見せる若手プロデューサーのstarRoや、いまやJ-POPの屋台骨を支えるプロデューサーとしても名を馳せるマルチプレイヤー、mabanuaも参加している。

 俳優としても活躍するDEANがつくる音楽の魅力は、自分の美学をためらいなく突き詰める思い切りの良さにある。DEANは、好奇心の旺盛さとアンテナの鋭さゆえに、メインストリームからアンダーグラウンドまで、さまざまなエレクトロニックミュージックのエッセンスを貪欲に取り入れてきた。

DEAN FUJIOKA「Echo」Music Video

 たとえば本作にも収録されている「Echo」は、ロンドンを中心に話題となったジャンル、WAVEのサウンドを織り交ぜたピアノバラード。奥行きを感じさせるうねるようなシンセと、トラップ調の緩急のついたリズムがDEANの歌声と見事にマッチしている。ヒットチャートや音楽番組に登場するポップスのなかでは群を抜いて攻めたサウンドメイクで、普通のテレビについたスピーカーでこの迫力を再現できるんだろうか? と驚く。

      

「DEAN FUJIOKAは“ポストJ-POP”の頼もしい担い手に 最新作チャートインを機に考察」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版