DEVILOOF、L.A bate、ZON……ラウド/メタルシーンにも通ずる関西V系バンド

DEVILOOF『「開花」』

 今、関西のV系シーンは、個性的なバンドがひしめきあい、とてもエネルギッシュだ。以前、本サイトでも紹介した、ザアザアと甘い暴力はツーマンライブを開催、OSAKA MUSEをソールドアウトさせるほどに盛況だ。キラキラ系パーティロックのビバラッシュや、90年代のV系黄金期からの影響と憧れをストレートに表現するRides In ReVellionなど、V系シーン全体を見渡しても、関西バンドの存在感は大きい。そんな、層の厚い関西V系の中でも、特に粒ぞろいなのが、ラウド、メタルなどのへヴィなサウンドを打ち出すバンドたちだ。そこで本稿では、関西のV系シーンから登場したDEVILOOF、L.A bash all the emotions、ZONの3バンドを紹介したい。

凶暴なデスコアバンド・DEVILOOF

DEVILOOF – 「開花」(Official Lyric Video)

 DEVILOOFは2015年に結成し、数度のメンバー交代を経て、この3月のワンマンライブから、正式に新体制として始動する5人組。活動初期から“V系とデスコアの融合”をテーマに掲げており、見た目はV系だが、楽曲は本格的なエクストリームメタルだ。ボーカルも、「ESCAPE」など一部の曲には、メロディアスなフレーズもあるが、ほとんどの曲がグロウルとスクリームで構成されている。この過激で重厚なサウンドは、DIR EN GREYやNOCTURNAL BLOODLUST、さらにCrossfaithなどとも通ずるところがあるだろう。また、V系シーンでの活動はもちろんのこと、デスコア、メタルコアバンドが主催するイベントにも出演し、ごく自然にV系シーンとメタルシーンを横断している姿はとても頼もしい。今年はEUツアーも予定されており、さらなる飛躍が期待されるバンドだ。

ヘヴィロックとトランスのハイブリッド、L.A bash all the emotions

L.A bash all the emotions 「GET FxxK Hxx」MV FULL

  L.A. bash all the emotions(L.A bate)は2015年に結成、自らの音楽を“クラブコア”とし、ラウドロック、ハードコアにデジタルサウンドを掛け合わせた独自のスタイルを貫いている。その音楽性は、同じく関西出身の、Fear, and Loathing in Las Vegasを彷彿とさせるところもある。

L.A bate presents 2ステップ講座

 2010年代、多くのV系バンドが、YouTubeの公式チャンネルに自分たちの楽曲の振り付け動画を投稿しはじめたが、中でも彼らは「ツーステップ講座」を投稿するなど、V系にはまだ定着していないノリをファンに啓蒙する様子が見られる。V系には特有のノリ方があるが、L.A bateのライブに行けば、ジャンルやシーンに関係なく、とにかくラウドな音楽が好きで、暴れたいオーディエンスが、それぞれの文化を持ちよって楽しめる。そんな理想郷を彼らが作り上げる日も、そう遠くないかもしれない。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!