>  > THE RAMPAGE、16人で臨んだ新曲

『THROW YA FIST』インタビュー

THE RAMPAGEが語る、16人で臨んだ新曲と初アリーナツアー「第2章に踏み出すきっかけに」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月25日にデビュー2周年を迎え、ますます勢いに乗るTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。2月からは初のアリーナツアーを控える中、1月30日に新シングル『THROW YA FIST』をリリースする。同作には初めて16人でレコーディングした表題曲のほか、初のドラマ主題歌「Starlight」、初のアニメオープニング曲「DOWN BY LAW」も収録され、チャレンジングな1作となっている。今回はリーダーの陣、LIKIYA、ボーカルの川村壱馬、吉野北人、RIKUに作品に関するエピソードから、ライブパフォーマンス、ボーカルの進化までを語ってもらった。(編集部)【記事最後に読者プレゼントあり】

陣「全員でレコーディングしたのは初めて」

ーー最近、『てっぺんとるぞ THE RAMPAGE』(GYAO!)を楽しみに見ています。皆さんのキャラクターがわかる番組で、メンバー間でも新しい関係性が生まれたりしているのかな、と。

陣:(笑)。当日行く場所を知らされなかったり、当日までチケット渡されなかったり、結構大変なロケです。

川村壱馬(以下、川村):時間とかぶっ飛んでるもんね。大和八木駅から新宮駅までバスで行った回(#5、6 日本一長い○○○○)は本当に頑張ったと思います。

吉野北人(以下、吉野):思い出すだけでも疲れる(笑)。でもお寿司は美味しかったですよ。

ーー個人的に全員でクイズに挑戦する回(#12〜14 てっぺん愛があるのはだれだ?! 迷珍場面クイズ)や、「日本一痛い温泉」に入る回(#4 日本一痛い○○)が好きです。

陣:温泉は……時間が経つにつれてどんどん痛くなるやつでした。じわじわきてたので。

ーー(笑)。そういう困難も乗り越え、絆が強まったんですかね。

川村:本当にそうですね。普段あまりペアにならないようなメンバーと組んだりもしました。でも回によって大変さが違っていて……。

RIKU:僕、(与那嶺)瑠唯と天神橋商店街歩いただけですからね(笑)。

LIKIYA:シーズン2でも色々なことにチャレンジしているので、ぜひ見てください!

ーーさて、今回のシングル表題曲「THROW YA FIST」はパフォーマーの皆さんも含めたメンバー全員でレコーディングしたそうですね。とても勢いのある曲だと感じました。

陣:全員でレコーディングしたのは初めてでした。スタジオに入りきらなかったので、ロビーで声を入れさせてもらって。全員で1つのものを作るのはやっぱり楽しくて、作品の完成がより待ち遠しくなりました。

LIKIYA:僕も楽しかったです。みんなで声を出すという機会はあまりないので、それがアリーナの会場で流れると思うと楽しみです。

ーー実際、完成したものを聞いてどんな感想を抱きましたか。

陣:「俺の声も入ってるんだ!」っていう。気合入れて、ノリノリで歌いましたね。

LIKIYA:「よっしゃ!」と気合いが入りました。団体感、グループ感が一気に強くなって、曲のテーマにもバッチリ沿うことができたと感じています。

ーー今まではボーカルの3人でレコーディングをしていたと思うのですが、メンバー全員が参加することで違いは感じましたか。

川村:LIKIYAさんが言うようにグループ感が一気に出るというのはやっぱり感じました。今まで、例えば「FRONTIERS」では最初のシンガロングの部分も3人でやっていましたが、16人で声を入れるのは今回が初めて。3人で個性の異なる声を重ねるなどの編集をしても出せない“軍団感”があります。

吉野:曲の始まりから16人の声が入っていて、いきなりパッション全開なのでライブでも映えるな、と。一体感も生まれますし、曲の厚みもより出ていると思います。

浦川翔平、吉野北人、鈴木昂秀、LIKIYA

ーーサウンドは、これまでの楽曲の中でも特にダーティーかつクールです。

陣:THE RAMPAGEの曲はどれもイントロが力強くて、「これから何が始まるんだろう」というワクワク感がある。それがサビが始まった瞬間により重厚感のあるサウンドになるんです。今回はAva1ancheさんという僕らのことを以前から知ってくださっている方が作る音楽だからこそ、よりマッチした表現になっていると思います。僕らも信頼感がありますし、Ava1ancheさんはTHE RAMPAGEに対するアプローチが絶妙なので、ファンの方には「“らしい”楽曲がきた!」と盛り上がってもらえると思います。

ーー16人のパワーがあってこそ表現できる曲ですね。

LIKIYA:めちゃめちゃかっこいい曲だと思います。イントロもすごく迫ってくる感じがあって、ワクワクしますし。自分が特に好きなのは、スクラッチ音から一気に盛り上がっていく部分。全員で走っている感覚があって。そこからのあのサビ前のハイハットのところ、ちょっとR&Bっぽくなる感じがすごく好きです。

LIKIYA「THE RAMPAGEらしいアニメの曲に」

ーー2曲目の「DOWN BY LAW」はアニメ『FAIRY TAIL ファイナルシリーズ』(テレビ東京系列)のオープニングテーマです。

RIKU:もともと「オープニングになるかも」とは言われていて、決定したと聞いた時はめちゃめちゃ嬉しかったです。

ーー『FAIRY TAIL』のファンだったんですか。

RIKU:『FAIRY TAIL』の作者の真島ヒロ先生の師匠が『ONE PIECE』の尾田栄一郎先生なので。オープニングに決まって、全部『FAIRY TAIL』を読もうと思って。ギルドの仲間たちはそれぞれバックボーンが違うんですけど、お互いを“家族”と言っていて、悪の力や敵に立ち向かう時に「絶対俺たちは諦めない」「守りたい家族のために私、俺はもっと強くなってやる」みたいなことをよく言うんですよ。そういう世界観にかなりマッチした楽曲になったと思うし、その世界観が僕らメンバーとリンクする部分がすごくあったので歌いやすかったです。

川村:僕も『FAIRY TAIL』の主題歌が決まった瞬間に、漫画を全巻買いました(笑)。「DOWN BY LAW」は自分の音楽性とは少し異なる楽曲ではありましたけど、好きな感じのラップも入っていたり、新鮮な楽曲でした。不思議な感覚です。

長谷川慎、岩谷翔吾、山本彰吾、陣

ーー吉野さんは最初にこの曲を聴いた時、どんな印象を受けましたか。

吉野:アニメ主題歌らしくポップでキャッチーだと感じました。歌っていて気持ちよかったですし、ノリやすい楽曲だと思います。アニメのタイアップということで海外の人にも聴いていただける、THE RAMPAGEを知っていただくきっかけにもなる楽曲になるので、反応が楽しみです。

ーー川村さんが言うように、これまでのTHE RAMPAGEにはあまりなかった曲調です。

陣:たしかにどの楽曲とも違う雰囲気があります。他のグループが歌うと、もう少し爽やかに聞こえると思うんですけど、THE RAMPAGEのボーカルが歌うと、勢いがあるというか。いわゆるJ-POPとはまた違う、トラックもカッコよくてノリやすいサウンドで、こういう楽曲もTHE RAMPAGEが歌うと自分たちらしくなるんだな、と改めて感じました。デモを聞いた時はどういう完成形になるか分からなかったんですけれど、良い感じに落ち着いたと思います。

LIKIYA:THE RAMPAGEがアニメの曲をやるとどうなるんだろう、と思っていたのですが、やっぱりTHE RAMPAGEの曲だな、と。爽やかなワードが並んでいる一方、男っぽい感じも残っているので、自分たちの楽曲としても、アニメのタイアップとしても成立できた楽曲だと感じます。

      

「THE RAMPAGEが語る、16人で臨んだ新曲と初アリーナツアー「第2章に踏み出すきっかけに」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版