>  > ボカロP MI8k、独自の世界観の起源

MI8k『Cupid Power』インタビュー

ボカロP MI8kに聞く、独自の世界観の起源「インターネットは人と“作品”で繋がれる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとりから人の扱いを受けると他の人と接するときの自分も変わる

——今回、アルバム『Cupid Power』は、代表曲をいっぱい収録されていて集大成感がありますよね?

MI8k:2015年以来アルバムを出してなかったですからね。集大成なつもりはないんですけど、でも、思い切って出しちゃえって感じだったかもしれません。

——改めて、パッケージとして曲順をまとめられてみていかがでした?

MI8k:2曲目「タイムイーター」と9曲目「ボイリングナイト」の前に、インタールード的なちょっと小賢しいトラックを入れられたのはアルバムとして嬉しかったですね。ちなみに、アルバムらしく1曲目にもインタールードを入れていて、「Cupid Power」は、ろこるさんが描いてくれたイラストからきたイメージだったんです。

VY1 – タイムイーター / Time Eater – MI8k feat . VY1
ボイリング・ナイト – MI8k feat. VY1 – boiling [k]night

——わかります。ちなみに、アルバム『Cupid Power』収録で先行してYouTubeにアップされていた「絶対的少年値」が素晴らしくって。オリジナリティーの高いメロディー展開を持っていますよね? 一発でMI8kさんってわかる感じで。

絶対的少年値 – 闇音レンリ

MI8k:「最近、てんとう虫全然見ないな」って思って。小さい頃はいっぱいいたじゃないですか? でも、だんだん大人になって目線が高くなって見なくなったのかなって。それ以来、気になるようになって。信号を待っていると横に茂みとかあるじゃないですか? そんなところとか結構いるなって気がついて。探す率が上がって。この頃あたりから、自分の感覚が鮮明になってたというか敏感になってきたというか。大きい蜘蛛に驚いたり、怖い夢で目が覚めて一人でいるのが怖くてとりあえず友達に連絡するとか。そんなこと、昔はしないことだったのでそういう自分の心の変化をメモをとって歌詞にしていきました。


——モノ作りするとき、日常生活からのインスピレーションって大きいですか?

MI8k:生活の中の出来事と、あと、僕は映画をよく観るのでその二つが重なったときは100%影響を受けますね。ちなみに、音楽は家事をするときにApple Musicでプレイリストを作って聴いてますね。だいたい洋楽ばかりで。

──古着屋のおじさんの影響の曲?

MI8k:おじさんの影響は、今はあんまり気にせずに聴いてますね。それこそ、映画の挿入歌とか好きで、スマホで聴き取ってどんな曲か教えてくれるアプリあるじゃないですか?

——Shazam

MI8k:そうそう。調べてプレイリストに集めて聴いてみたり。映画を見たときの気持ちが反芻されるんですよ。

——MI8kさんの曲を聴いていると、楽曲のドラマティックな展開であったり構成力の凄さなど、映画からの影響を感じました。

MI8k:「シルバーワープ」って曲は、その辺を意識してますね。映画の中で聴いたことありそうな曲っていうか。コード進行もそんな影響で。

シルバーワープ – GUMI MV

——「そして、人になる」も映画っぽい。

MI8k:そうですね、これは映画の『そして、父になる』からの影響ですからね。

——そうなんですか。これもドラマティックなリリックで。

MI8k:僕、ずっとおじいちゃんと仲が悪かったんです。でも実家を出てから仲直りして。ずっと胸のつっかえとしてあったんです。でも、それがなくなっちゃって。急に、おじいちゃんから人の扱いを受けているなって。ひとりから、そんな扱いを受けると、他の人と接するときの自分も変わるんですよ。その記念でこういう曲にしました。

——トゲが抜けた感じ?

MI8k:そうですね。完全にそれで。張り合いがなくなっちゃって、この先どうやって生きていこうか悩んだぐらいで。友達にずっと相談してました。うち、お父さんとお母さんがポンコツだったんで、なので、THE日本の職人なおじいちゃんと、おばあちゃんが親の役目をやってくれたんです。両親も生きてますけどね。

「ボカロP MI8kに聞く、独自の世界観の起源「インターネットは人と“作品”で繋がれる」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版