AKB48、乃木坂46、欅坂46……『NHK紅白歌合戦』出場アイドルの2018年を振り返る

 12月31日放送の『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)。当日の歌唱楽曲も発表され、オンエアも目前に迫ってきた。本稿では、数多くの出演者よりAKB48、乃木坂46、欅坂46を紹介。彼女たちによる1年間の活動を振り返りつつ、当日の見どころをおさらいしたい。

AKB48が取り組んだ“世界”へのアプローチ

AKB48『NO WAY MAN』(初回限定盤 Type-A)

 2018年は、AKB48にとって“世界”へのアプローチに取り組んだ年となった。彼女たちは6月16日まで『第10回AKB48 世界選抜総選挙』を開催。グループ恒例の『選抜総選挙』が10回目を迎えたことを記念して、日本国外のAKB48グループを含め、過去最多の339名が立候補した。また、今夏には韓国のオーディション番組『PRODUCE 48』より、日韓合同アイドルグループとしてIZ*ONEが結成。IZ*ONEには、AKB48グループより宮脇咲良、本田仁美、矢吹奈子が参加している。両グループとも、来年はさらなるグローバル展開が期待されそうだ。

 AKB48が今回披露するのは、「恋するフォーチュンクッキー」。彼女たちは例年、およそ3曲のスペシャルメドレーを歌唱しているが、今年予定されているのは一曲のみ。この選曲は、来年にグループからの卒業を発表した指原莉乃の門出を祝してのことだろう。「恋するフォーチュンクッキー」は、2013年8月リリースの32ndシングル表題曲で、指原にとって初のセンター楽曲だ。当日のオンエアでは、彼女がどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。記念すべきステージで覗かせる表情にも注目してみてほしい。

乃木坂46が迎えた“循環の季節”

乃木坂46『帰り道は遠回りしたくなる』(初回仕様限定盤 Type-A)

 乃木坂46は、2018年に大きな“循環の季節”を迎えた。同グループからは今年、結成当初よりその中核を担ってきた1期生の生駒里奈や若月佑美らが卒業。これまで数多くの楽曲でセンターを務めてきた西野七瀬も、年内をもって卒業となる。その一方、12月3日には新たに加入する4期生メンバーをお披露目する『お見立て会』を開催。彼女たちが来年以降の乃木坂46をどのように盛り上げていくのかを見守りたい。

 乃木坂46が歌唱するのは、「帰り道は遠回りしたくなる」。同楽曲は、11月14日リリースの22ndシングル表題曲で、西野にとって最後のセンター曲だ。その中盤には、センターと別のメンバー1名が向き合い、お互いを想いながら旋転する振り付けが用意されている。これまで、同楽曲を歌番組で披露した際には、西野とともに若月、秋元真夏らがそのポジションを担当してきた。また、12月20日開催の『アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~』では、同日でグループを卒業した川後陽菜が、センターの北野日奈子とともにターンを披露。今回のオンエアでは、どのメンバーが西野に想いを寄せるのだろうか。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!