>  > AKB48、幅広い活動がもたらすもの

ニューシングル『NO WAY MAN』インタビュー

AKB48が語る、幅広い活動がグループにもたらすもの「未知の扉を開いていきたい」

関連タグ
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AKB48が、11月28日にニューシングル『NO WAY MAN』をリリースした。今回リアルサウンドでは、岡田奈々(AKB48チーム4、STU48)、柏木由紀(AKB48チームB、NGT48チームNIII)、白間美瑠(NMB48チームM)、荻野由佳(NGT48チームNIII)、倉野尾成美(AKB48チーム8、チームK)、下尾みう(AKB48チーム8、チームA)、菅原茉椰(SKE48チームE)にインタビュー。「AKB48史上最高難度を更新したダンス」と言われる「NO WAY MAN」のパフォーマンスから得た発見や、それぞれのメンバーが各所で活躍するAKB48ならではのグループ力などについて聞いた。(編集部)

AKB48は「がむしゃらさ」を大事にしていきたい(柏木由紀)

ーー11月28日に発売される『NO WAY MAN』は「AKB48史上最高難度を更新したダンス」と謳われていますが、実際に踊ってみてどうですか?

柏木由紀(以下、柏木):難度の高さもありますが、踊った後の体力の消費量がすごいんです。パワーの放出量は間違いなく、いままでで一番だと思います。

岡田奈々(以下、岡田):わかります!

柏木:私個人でいえば、まわりのメンバーがみんな若くて、少しでも疲れを見せるとダンスの先生にバレてしまうから、いつも以上にちゃんとやらなきゃいけないなって。体力の限界に挑んでいます(笑)。

岡田:いやいやいや、ゆきりんさんはMVの撮影中もパワフルに踊り続けていたので、「私も頑張らなきゃ」と思いました。

柏木:え~(笑)。そう思ってもらえるとありがたいです。

ーー白間さんと荻野さんは『NO WAY MAN』のダンスはどうでしたか?

白間美瑠(以下、白間):NMB48でもここまでの曲はないんじゃないか、というくらい激しかったです。MV撮影が終わったらみんな倒れ込むように「しんどい!」と言い合いました。

荻野由佳(以下、荻野):NGT48はかわいいダンスが多かったので、『NO WAY MAN』みたいなダンスは普段踊らない分、難しく感じましたが新鮮で楽しかったです。

ーー全体としてのパフォーマンスを見てもらいたい、という気持ちはありますか?

岡田:そうですね。メンバーそれぞれが違う動きをして個性が光る場面もあるんですが、全員がユニゾンで「ガツン!」と踊るところの一体感も見ていただきたいです。

【MV full】NO WAY MAN / AKB48[公式]

ーー普段から一緒に活動しているわけではないので、MV撮影でダンスを合わせるのは大変だったんじゃないですか?

倉野尾成美(以下、倉野尾):大変でしたが、撮影で何回も踊るうちに一体感が出て、私自身も楽しんで踊ることができました。

ーー歌番組やライブでさらに一体感のあるダンスを見せたいと思いますか?

倉野尾:もちろんです!

ーー倉野尾さんは選抜への意欲が高いですよね。

倉野尾:はい。目標に掲げていました。AKB48の看板を背負って先頭を切って活動しているのが選抜で、私もその中で頑張りたいとずっと思っていたんです。ファンの方にとって入り口になれる存在を目指しています。

ーー倉野尾さんは2回目の選抜ですが、環境には慣れましたか?

倉野尾:Team K兼任や舞台「マジムリ学園」への出演があったので他グループのメンバーとも話せるようになったと思います。最初は探り探りでしたが(笑)。

ーー菅原さんはAKB48選抜に初めて飛び込みましたが、どうでしたか?

菅原茉椰(以下、菅原):大丈夫ではなかったと思います(笑)。

ーーそうでしたか(笑)。

菅原:でも、全力で踊る先輩たちの姿を見て「もっと頑張ろう」と思いましたし、おぎゆかや下尾みうさんと仲良くなるうちに選抜に馴染むことができたんじゃないかなって思います。

ーー荻野さんは第2回AKB48グループ ドラフト会議で選ばれた同期ですよね。

菅原:はい。人見知りで緊張していたんですが、ポジションがおぎゆかの近くだったので助けてもらって、楽しく撮影することができました。

荻野:(必死に否定するリアクション)

ーー荻野さんから何かアドバイスしたんですか?

荻野:え⁉ アドバイス? そんな! そんな! 私もNGT48の同期の中井りかちゃんが選抜にいますが、ドラフト2期生からの同期である菅原がいることがうれしかったです。

ーー下尾さんも初選抜ですが、MV撮影時は緊張しましたか?

下尾:すごく緊張しましたが、まわりのメンバーの頑張りを見て「私もやらなきゃ」と気合いを入れました。立ち位置が近いみるるんさんが抱きついてくれたことがうれしかったです。

ーー白間さん、抱きつきたくなったんですか?

白間:ウフフフ。PRODUCE 48でも一緒だったのでちょっかいを出したりして楽しみながら撮影しました。

ーー下尾さんの緊張を和らげてあげようと。

白間:はい(笑)。

下尾:笑顔になれました(笑)。

ーー今回はPRODUCE 48で活躍したメンバーが選抜に入ってますが、下尾さんも番組での活躍が選抜につながったという手ごたえはありますか? 

下尾:ありました。「今年はいろんなことに挑戦しよう」と思って臨んだPRODUCE 48で知名度もグッと上がって。

ーー番組を通して、最初は男性ファンに注目されて、途中から女性ファンが増えたと自己分析してますよね。

下尾:PRODUCE 48は自分のことを見つめ直すきっかけにもなったと思います。日本と韓国のアイドルの違いもわかりました。韓国のファンの方は女性が多くて、アイドルに何を求めているのかも違うのかなと思ったんです。日本は「応援したくなる」という要素が大きいですが、韓国はスター性を求めている。韓国にとってのアイドルは手の届かない存在なのかなって。

ーー白間さんは日本と韓国の違いを感じましたか?

白間:踊る時の身体の使い方が違うのかなと思いました。たとえば腰を動かしてセクシーさを見せることが多くて。「こんなところが筋肉痛になるんや!」と思うこともありました。

ーー柏木さんもPRODUCE 48に刺激を受けましたか?

柏木:PRODUCE 48を観ているとみんな大変そうだなと思ったけど、日本に帰ってきたメンバーが明らかに変わっていて。輝きも熱量も増しているので刺激を受けました。

ーーAKB48グループとしてもパフォーマンスを突き詰めたいという想いはありますか?

柏木:ダンスの技術も重要ですが、気持ちをひとつにすることが大事なのかなと思ってます。AKB48はやっぱり「がむしゃらさ」を大事にしていきたいので。

岡田:それがAKB48だと思います。気持ちをひとつにして、観ている方たちに想いを伝えたいです。

ーー柏木さんのように長年アイドルを務めている人こそ「がむしゃらさ」を維持することは難しいと思います。

柏木:そうかもしれませんが、刺激を与えてくれる後輩がたくさんいるので頑張ることができるんです。

ーー岡田さんは兼任しているSTU48のメンバーから刺激を受けることはありますか?

岡田:たくさんあります。新しく入ったメンバーたちに自分が混ざると、AKB48に入りたての頃の新鮮な気持ちを思い出すことができるので、STU48に行くたび若返るんです(笑)。

ーーSTU48のメンバーも岡田さんの真面目な姿勢から学ぶことは多いと思います。

岡田:そうだったらうれしいですが、私、そんなに真面目じゃないと思うんです。

柏木:いやいや、真面目だよ(笑)。

岡田:そうでもないんです(笑)。ただ、以前はよく「個性がないね」と言われてきたけど、「真面目」と思われたことがいまは個性につながったのかなと思います。何事も突き詰めることが重要なのかもしれません。

ーー荻野さんも「真面目」で特集されるくらいですからね。

荻野:そんな、そんな! 奈々さんに比べたら、私は全然! ただ、自分の中の「こうしたい」という気持ちは大事にしたいので、やるべきことはやらなきゃいけないと思っています。

ーー同じNGT48の柏木さんから見て、荻野さんは真面目ですか?

柏木:どんなことに取り組む時も一生懸命なところがいいので、これからも変わらないでほしいです。

ーー荻野さんの中では「人一倍頑張りたい」という気持ちなんでしょうか?

荻野:歌もダンスも自信がないので、人一倍頑張らなきゃいけないと思っています。ただ、最初の頃は全力で踊りすぎて、悪目立ちしてしまったこともあって。

岡田:私も初期の頃、よく言われていました。

荻野:そうなんですか! 私、『桜の花びらたち』でステージのセリをガンガン揺らしちゃって。

岡田:16ビート刻んじゃって(笑)。

荻野:そうなんです(笑)。ダンスの先生に「やりすぎ」と言われて、加減が分からなかったんです。でも、最近は加減が分かるようになって。

ーー最近は真面目にやってきたメンバーにスポットが当たる流れがきているのかなと思います。

岡田:そう感じています。やっぱり頑張っている子がチャンスをつかむべきだと思うので。

      

「AKB48が語る、幅広い活動がグループにもたらすもの「未知の扉を開いていきたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版