>  >  > ゆず「マボロシ」に感じた未体験の衝撃

ゆず、「マボロシ」に感じた未体験の衝撃 新機軸打ち出した楽曲の世界観を探る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新アルバム『BIG YELL』を引っ提げた全国アリーナツアーで約33万人を動員。さらに2018人の“新メンバー”と一緒に歌ったMVも話題を集めた応援ソング「うたエール」(日本生命CMソング)、音楽をはじめた頃の若き時代をプレイバックするフォーキーなナンバー「公園通り」(伊藤園「お〜いお茶」CMソング)、爽快でカラフルなポップチューン「マスカット」(TVアニメ『クレヨンしんちゃん』主題歌)とバリエーション豊かな楽曲を生み出してきたゆずが11月16日、配信シングル「マボロシ」をリリースした。岡田将生主演ドラマ『昭和元禄落語心中』(NHK総合)の主題歌としても話題を集めているこの曲は、心の裏側に潜む暗い部分、決して分かち合えることができない感情を描いたミディアムバラード。“これまでのゆずを手放した”というキャッチコピーが示す通り、これまでの彼らのパブリックイメージとは大きくかけ離れた楽曲となっている。

 作詞・作曲を手がけた北川悠仁は「マボロシ」の制作に際し、生と死、美しさと残酷さなど相反する感情を描いた『昭和元禄落語心中』の世界観を汲み取りつつ、「今までゆずが表題曲の中で表現してきたポップさだったり、前向きさだったりを手放し、新たな自分たちの表現を目指」したという。この曲の主人公は、愛して憎んだ“あなた”の幻影を追うように、暗闇のなかを一人で歩いている“わたし”。具体的なことは説明されず、失ってしまった愛に対する哀切な感情、どこか薄暗く、現実離れした世界だけが濃密に表現されている。北川自身が「試行錯誤の末、“マボロシ”というテーマが浮かび、このキーワードと物語に背中を押され、今までのゆずにはない、切なく幻想的な楽曲に仕上がりました」と語っている通り、彼らの音楽に親しんできたファンにとっても未体験の衝撃を感じられる楽曲と言えるだろう。

 アレンジを担当しているのは、安室奈美恵、BTS、EXILE THE SECOND、三浦大知、SKY-HIなど数多くの楽曲を手がけてきたSUNNY BOY。ダークなアンビンエント感のあるシンセ、さらにストリングス、ピアノなどの響きを活かしつつ、力強いビートとともにドラマティックなサビのメロディに導くアレンジは「マボロシ」のコンセプトをしっかりと増幅させると同時に、ゆずの新たな表情を引き出すことに成功している。ヒップホップ、R&B、エレクトのトレンドをさりげなく取り込むことで、ポップミュージックとしての強度を高めているところもポイントだろう。

 そして言うまでもなく、楽曲の中心を担っているのは北川悠仁、岩沢厚治のボーカルだ。岩沢が精緻な表現力によって陰鬱な「マボロシ」の世界観を描き出し、北川がエモーショナルなボーカルで濃密な感情を宿らせる。そしてふたりの声が合わさり、〈鮮やかに今 目の前蘇る〉というサビのフレーズが響いた瞬間、リスナーは圧倒的なカタルシスへと引きずり込まれるーーそう、新機軸を打ち出した「マボロシ」は、デュオとしてのゆずの魅力を改めて示す楽曲でもある。アコースティックデュオからスタートし、ロック、エレクトロ、ラテンなど幅広い音楽を吸収しながら、自らの作風を広げてきた彼ら。「マボロシ」のように大胆な作風にチャレンジできるのも、“ふたりで歌えば、ゆずになる”という圧倒的な確信があるからだろう。

      

「ゆず、「マボロシ」に感じた未体験の衝撃 新機軸打ち出した楽曲の世界観を探る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版