>  >  > 欅坂×けやき坂、コラボ披露への期待

欅坂46×けやき坂46、『ベストヒット歌謡祭』コラボへの期待 これまでの関係性を改めておさらい

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欅坂46(以下、漢字欅)とけやき坂46(以下、ひらがなけやき)が、11月15日よる7時から生放送される『ベストヒット歌謡祭2018』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演する。「欅坂46×けやき坂46 史上初のコラボ」と題されている今回。単に合同ではなく、あえて“史上初のコラボ”という形での発表は、いったい何を意味しているのだろうか。

欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』(通常盤)

 改めて漢字欅とひらがなけやきの関係性をおさらいすると、2015年8月21日に“欅坂46”が誕生。一方、特例で結成後に遅れて加入した長濱ねるが、一人だけ制服の色が違うアンダーグループ“けやき坂46”のメンバーとして活動をスタートさせた。同時に新メンバーが募集され、12人体制のひらがなけやきが誕生する。漢字欅をサポートしつつ、ひらがなけやきも一つのグループとして単独ツアーを開始。2017年4月6日、『欅坂46 デビュー1周年記念ライブ』でひらがなけやきメンバー追加オーディションの開催が発表され、同年8月に9名の2期生が加わり、21人の大所帯となる。その後、長濱が漢字欅の専任となったことで、漢字欅とひらがなけやきを結ぶパイプがなくなり、結果的に20人の妹分的なグループとなった。

 漢字欅は平手友梨奈を中心にクールでエモーショナルなパフォーマンスを繰り広げるのに対し、ひらがなけやきは「ハッピーオーラ」をモットーに明るく元気なパフォーマンスで色の違いを見せる。両グループが良いバランスを保つなか、ひらがなけやきはライブの空気を変えるアクセントとして存在感を発揮していた印象だ。漢字欅が築いた道があるからこそ、一番近くで見ていたひらがなけやきの成長は早い。漢字欅が不安定な時期には、武道館公演からの単独アルバムをリリースするなど、前を走る漢字欅を追い上げるような活躍ぶりを見せた。ひらがなけやきの脅威は、漢字欅の意識改革にも繋がり、平手が欠席した漢字欅単独公演の『欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE』を成功に導いた一つの要因になったとも言える。

 そんな2組の合同曲は、各メンバーのユニット曲を除けば、「W-KEYAKIZAKAの詩」と「太陽は見上げる人を選ばない」の2曲。初めて漢字欅とひらがなけやきのメンバー総勢32名で歌唱した「W-KEYAKIZAKAの詩」は、2016年12月24日・25日に有明コロシアムで行われた欅坂46の初ワンマンライブのために用意された曲だ。メンバーの絆が綴られた歌詞に、MVのダンスでは過去の曲の振り付けも見られる。全力で駆け抜けた1年間を凝縮した彼女たちのアンセムと言われ、メモリアル的な楽曲でもある。

 だからこそかつて「W-KEYAKIZAKAの詩」は、ライブの締めとして歌われることが少なくなかった。最近は両グループとも単独での公演がほとんどとなり、同曲を歌う姿をあまり目にしなくなった印象だ。そんな中、平手がアクシデントで途中退場した『欅坂46 夏の全国アリーナツアー2018』最終日のアンコール最後に、同ツアーでは歌われていなかった「W-KEYAKIZAKAの詩」が披露された。ステージに戻ってきた平手をみんなで迎え入れるという感動的なシーンは、メンバーはもちろん観客もまた今までの色んな思い出が頭の中を過ぎったはずだ。劇的で最高のエンディングとなった。

      

「欅坂46×けやき坂46、『ベストヒット歌謡祭』コラボへの期待 これまでの関係性を改めておさらい」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版