>  >  > 『908 FESTIVAL 2018』レポート

KREVA、ポップスターとエンターテイナーとしての存在感示した『908 FESTIVAL 2018』

関連タグ
KREVA
三浦大知
絢香
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 それは、KREVAのポップスターとしての懐の広さを改めて示す場所、3時間強たっぷりのステージがあっという間に感じさせるほどのエンターテイナーとしての構成力を感じさせる場所だった。

 8月31日、日本武道館にて開催された『908 FESTIVAL 2018』。イベントは今年で7年目だ。フェスを銘打ってはいるが、よくあるタイプのフェスと違うのは、主役であるKREVAが何度も何度も、たびたび出てくること。そのたびに衣装が変わるのもポイントだ。

 毎年多彩なゲストが出演する「908 FES」だが、今年は、三浦大知、絢香、JQ from Nulbarich、尾崎裕哉、高畑充希という面々がラインナップに名を連ねた。それぞれ、自らの曲を披露するだけでなく、KREVAのバンドメンバーの柿崎洋一郎(Key)、近田潔人(Gt)、熊井吾郎(DJ/MPC)、白根佳尚(Dr)、岡雄三(Ba)がハウスバンドとなり、KREVAもたびたび登場し、さまざまなコラボレーションを繰り広げる。

 さらには、中盤で、恒例となった「ライミング予備校」のコーナーもあった。KREVAが講師に扮して韻の踏み方を教えるというコント仕立てのコーナーだ。ゲストたちは、ここでも生徒や教育実習生に扮して登場する。

 そういうこともあって、フェスというよりは、観終わったときに一つの“ショー”を堪能したような満足感に包まれるイベントだった。

 そして、これまで毎年欠かさず「908 FES」に出演してきた三浦大知が、今年は「もう一人の主役」としての存在感を放っていることも、とても印象的だった。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 ライブは定刻通りにスタート。場内が暗転し、レーザーの光に包まれ、仁王立ちの姿勢のKREVAがステージの下からせり上がって登場する。大歓声に包まれて新曲の「存在感」を歌いきると、KREVAが再びリフトで床下へ。続く「全速力」は客席フロアの両端から三浦大知とKREVAが登場し、アリーナを練り歩きながら歌う。客席の盛り上がりも最初からいきなりピークに達する。フロアの中心部で拳を合わせた二人は、ステージに戻った後も左右に走り回りオーディエンスとハイタッチする。よくあるワンマンライブだったら最後の一番盛り上がる場面の演出をいきなりやるのが「908 FES」だ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 続けて「蜃気楼」を三浦大知と共に歌ったKREVAの呼び込みで登場したのは尾崎裕哉。「Glory Days」を歌い、「何回も武道館には来てるんですけど、初めてこのステージに立ちます」と告げる。KREVAは大学の先輩でもあるらしく、10年前の武道館公演にも客として足を運んでいたそう。続いてはKREVAが作詞作曲したという新曲「想像の向こう」を披露。KREVA自身もコーラス&タンバリンで参加する。フックや仕掛けを曲に込めることが多いKREVAの作風からは意外なほど、素直におおらかでエモーショナルな一曲だ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 続いてはJQ from Nulbarichが登場。緊張を隠さない面持ちの彼は「ain’t on the map yet」、「NEW ERA」をソウルフルに歌い上げ、「神様をお呼びしていいですか」とKREVAを呼び込む。披露したのは、またもや新曲の「Stay The Way feat. KREVA」だ。自身がトラック、KREVAが作詞を手がけたという1曲。骨太なグルーヴから壮大に広がるメロウナンバー。「忘れられないです」と感慨深げにステージを去ったJQを見送ったKREVAはそのまま「くればいいのに」を歌い、そしてサビで高畑充希が登場。色気ある声と茶目っ気のある表情を見せる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 「KREVAさんのおかげで、初めてのフェスです。今日は『紅』は歌いません!」と笑顔で挨拶した高畑充希は、「KREVAさんが好きって言ってくれた、私も好きな曲を歌います」と「木蘭の涙」を歌い、その類まれなる歌声の表現力を響かせた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 続いてステージに現れた絢香は、「にじいろ」を歌い、続いて三浦大知をステージに招いてコラボ曲「ハートアップ」で美しいハーモニーを響かせる。さらには、再びKREVAをステージに呼び込み、昨年の「908 FES」に出演した際に彼女が書き下ろしたKREVAとのコラボ曲「Glory」を情感たっぷりに歌い上げた。前半のハイライトとも言える瞬間だった。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 続いては教室のセットが運び込まれ、「ライミング予備校」のコーナー。学生服姿の尾崎裕哉が尾崎豊「卒業」を歌うという、客席がざわめいた展開からのスタートだ。JQ from Nulbarichは欠席という扱いだったが、絢香は転校生役、高畑充希は教育実習生役で登場。そしてこのコーナーの常連でもある三浦大知は牛乳瓶の底みたいなメガネをかけた真面目な生徒役で出演。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 彼らに向けて寸劇仕立てで韻の踏み方をレクチャーしたKREVAは「三浦が提出してくれたレポート」として彼の最新アルバム『球体』を題材にした解説も行い、最後は全員でKREVAに花(三浦大知は『球体』繋がりということでスイカ)をプレゼントする。

 その花とスイカにセンサーをつけて楽器のように扱い、続けてKREVAはその『球体』に収録された「飛行船」をカバーする。花瓶に挿された花、そしてスイカに触れると、シンセのコードやリズムの音が鳴るという仕組みだ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 続けて、三浦大知が4人のダンサーを従えて「Cry & Fight」からライブをスタート。アカペラで有無を言わせない説得力を見せた「Cry & Fight」の冒頭から、無音になって5人で一糸乱れぬダンスを魅せ、続く「(RE) PLAY」と、息を呑むようなパフォーマンスでオーディエンスを魅了する。

 「FEVER」に続いては、毎年披露しているKREVAの楽曲のカバー。今年は「どうしてもやってみたいということで」と、歌ではなくラップをフィーチャーした「あえてそこ(攻め込む)」を披露。再びステージに登場したKREVAと共に息の合ったラップを見せる。

 「いつも、この『908 FES』はいろんな新しいことに挑戦させてもらえるステージだと思います」と告げ、最新曲「Be Myself」を披露しステージを締めくくった。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

      

「KREVA、ポップスターとエンターテイナーとしての存在感示した『908 FESTIVAL 2018』」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版