新しい地図はSNSバラエティを開拓していく 参加するほど面白い『ななにー』の魅力

新しい地図はSNSバラエティを開拓していく 参加するほど面白い『ななにー』の魅力

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾によるレギュラー番組『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)の第6回が9月2日に放送された。毎月第1日曜日の夜、7.2時間の生放送で3人と遊ぶ贅沢な時間ができてから早半年。真っ白だった新しい地図には、様々な思い出の場所や人とのつながりが刻まれてきた。3人が訪れた場所には、多くの笑顔が溢れ、一緒に遊んだゲストのことをもっと好きになる。そして今回も、彼らはゲストたちと一緒に様々な場所を訪れた。

 氣志團とのシークレットライブから、インスタ映えスポットへ。今どき女子なみちょぱがサバサバと気持ちよく「雲は飛ばせる」と豪語したり、リーゼント&特攻服の氣志團がキュートなドリンク片手にポーズを決めたりと、自然体な3人と過ごすことで見えてくるギャップには思わずニヤけてしまった。そして、V.I(from BIGBANG)とは、レジャー施設の卓球、バスケ、ビリヤードで奇跡のショット撮影に挑戦。日本語が上手なV.Iと、韓国語を学んだ草なぎが、お互いに相手の国の言葉でコミュニケーションを取ろうとする姿に、これぞ平和という空気が流れる。また、東出昌大とのSNSを駆使したクイズ対決ディナーでは、ゲストなのに食べられなかった東出に対して、香取が肉をすすめると「それはダメです!」と頑なに拒否。その真面目な対応に、東出の人の良さを感じずにはいられない。

 中村文則、西加奈子、光浦靖子らと書店で本の魅力を伝えるコーナーでは、稲垣の知性が溢れたのは言うまでもない。もちろんゲスの極み乙女。とのSPライブでは、3人の歌とダンスが見られる喜びを改めて感じた。ラストはレギュラーと呼べるおなじみのメンバーと、映画『カメラを止めるな!』の監督役を演じた濱津隆之、その娘役の真魚らを迎えた人狼大会へ……と、今回も実に盛りだくさんのスケジュール。そうなってしまうのも、きっと“こんな彼らを見せたい“、”あんな彼らも届けたい“と、つい作り手側にも気合が入ってしまうからだろう。

 もちろん、移動中も放送は続く。まさに“カメラを止めるな”が、この番組らしさ。草なぎが香取のブランドショップ『ヤンチェオンテンバール』を訪れた様子や、香取と稲垣のオールフリー対決など、事前に収録されたVTRでも大いに楽しませてくれるのだが、移動中に繰り広げられる、まったりとしたSNSタイムこそ、この番組でしか見られない面白さだ。冒頭からライブで汗だくになり、ヘアスタイルが乱れていた香取に対して、視聴者から「髪型大丈夫?」と指摘されると、香取が稲垣に「吾郎ちゃん的にどう?」と、直してもらう生放送ならではのやりとりも。前髪を下ろしたほうがいいと、香取の髪をなでる稲垣。すると、ふたりはそのまま見つめ合い、そのまま唇が近づいて……と、その場のノリを共有している喜びこそ『ななにー』らしさ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる