>  >  > 木村拓哉、“負けず嫌い”を発揮?

木村拓哉、パーティーゲームでも“負けず嫌い”発揮 お茶目な一面見せたWEB番組第2回

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月5日からスタートした木村拓哉が出演するWEB動画番組『木村さ〜〜ん!』(GYAO!)。第二回目は、「拓哉キャプテンとパーティーゲームで遊んでみよう!」と題して、いま人気の玩具に触れた。

 まずは大ヒット玩具「うまれて!ウーモ」を手にした木村。これはたまごを触るなどして手をかけると孵化するというもの。実際にたまごを持った木村は「なんか言ったよ、今」と驚いていた。スタッフに促されるまま、たまごをコンッと叩くと中から反応が。ゆるい雰囲気に「あのー、無料をナメてねぇか。これ……テレビとかだと怒られるやつだよ」と一言。手元に置いておけないため、股の間に挟んで番組を進行。

 続いて「スーパーイタイワニー」という、ワニに噛まれないように口の中の歯を押すゲームに挑んだ。スタッフが「木村さんといえばスーパースターじゃないですか。数々のスターの伝説を作ってきたんですよ」と切り出し、スターだけに一回も噛まれることなく歯を押すように言われる。

 木村は「集中できねぇな」と言いながら取り掛かるも、初めの一押しで噛まれてしまった。「一発!」と口を真一文字にして、親指を立てた。「そこをちゃんと見てほしかったんですけど、噛まれなかった。そこを見て欲しかったなぁ」と主張し、負けず嫌いを発揮。その後は、順調に歯を押したものの、途中で噛まれてしまい、「これ、つまんないよ」とこぼした。

 ここで、スタッフから「うまれて!ウーモ」について説明が入る。たまごを孵化させるためには、たまごを摩っていないとダメだと言われると、「置いてる場所が場所だけに、これしかも動画でしょ? 摩ったりしてるところが……テーブルから下から切れた状態で摩ってたらダメでしょ」と木村。

 スタッフがあえてたまごを摩るように告げると、怪しげに映ってしまった木村の姿が。改めて「ダメでしょ」と言いながらも、木村はいたずらに摩る手を早めていた。

      

「木村拓哉、パーティーゲームでも“負けず嫌い”発揮 お茶目な一面見せたWEB番組第2回」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版