NormCoreの個性と魅力を全方位から体験 念願の初ワンマンで繰り広げた熱い夜

NormCoreの個性と魅力を全方位から体験 念願の初ワンマンで繰り広げた熱い夜

 Fümi(ボーカル)、Tatsu(バイオリン)、Natsu(クラシックギター)の3人からなるシンフォニックロックユニット、NormCoreのワンマンライブ『NormCore Night Vol.1』が、7月1日にCIRCUS Tokyo(渋谷)で開催された。メンバー全員が音楽大学出身であり、ボーカリストや演奏家として一流の実力を持つ彼らが、単独公演を行うのはこれが初めてのこと。いわば自身のアーティスト性をファンに向けてライブでアピールする最初の機会になったわけだが、パフォーマンスはもちろん、照明や映像などの演出、本人たちのキャラクターを含め、NormCoreという存在の個性と魅力が全方位から体験できるステージとなった。

 この日の会場となったCIRCUS Tokyoは、普段はクラブイベントで使用されることの多いハコ。地下にあるメインフロアは天井が高く、スペース的にはそれほど広くはないかもしれないが、開放感があって音響的にも広がりを感じさせる場所だ。フロアいっぱいに集ったお客さんは、10〜20代ぐらいの若いリスナーがほとんどで、なおかつ女性の比率が高い。やがてスクリーンにバンドのロゴが浮かび上がり、バキバキのクラブトラック風のSEと共にメンバーが登場する。Fümiは客席に向けて投げキッスをするノリノリぶりで、ステージ中央に立つとライダー風のポーズで決め。そしてピアノのイントロが流れ出し、メジャーデビュー曲「それでも僕は生きている」からライブをスタートする。

 スクリーンに同曲のMVが投影されるなか、冒頭の繊細なファルセットから徐々に感情を高ぶらせるようにハイトーンを炸裂させ、初っ端から「ヘイ! ヘイ!」とお客さんを煽りまくるFümi。彼は白い衣装、TatsuとNatsuは黒い衣装で揃えており、その対照的な姿も楽曲の鮮烈さを強調するかのようだ。スタンドマイクを使って切迫感のある歌声を叩きつけるFümiは、間奏部分では指揮者のように腕を振ったりと、フロントマンとしての魅せ方は心得たもの。TatsuとNatsuも同期音源に合わせて情熱的な演奏を繰り広げる。ラストでFümiが超高音からさらにギアを一段上げる圧倒的な歌唱で盛り上げると、間を置かずピアノ主体のバラード「天空の涙」で切々とした歌世界を広げていく。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!