>  > 水谷果穂、歌手活動で得たもの

2ndシングル『君のステージへ』リリースインタビュー

水谷果穂、歌手活動の中で生まれた“意識の変化” 「自分自身の素を出していく面白さを知った」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「頑張るスイッチを、そっと押してあげるような歌」

――「青い涙」は、水谷さんが主演する短編映画『明日、アリゼの浜辺で』の主題歌ということでしたが、今回の「君のステージへ」は、現在放送中のアニメ『若おかみは小学生!』(テレビ東京系)の主題歌になっています。

水谷:『若おかみは小学生!』の主題歌としてどこまでアニメの物語に寄り添えるものになれるか、ドキドキしていました。だけど、実際アニメのオンエアを観たら、その世界観がすごくリンクしていることに驚いて。「君のステージへ」は、誰かを応援するような、誰かの背中を押したいという気持ちで歌った曲なんですけど、それがちょうどアニメの主人公の女の子の「小学生なのに突然旅館で働くようになった」という状況とマッチしていたんです。

――この『若おかみは小学生!』の原作小説シリーズは、水谷さんの世代にとっては、かなり馴染みのある小説なんですよね。

水谷:はい。私の世代では、すごく有名な小説だと思います。多分みんな、小学校の図書館とかで読んでいると思うんですよね。だから、最初にお話を聞いたとき、「え、あの小説のアニメ版なの?」って、すごくビックリしたんです。

――アニメのオンエアを観ましたが、番組のエンディングで、かなり良い感じで流れますよね。

水谷:そうなんです(笑)。歌詞も画面の下に、テロップのように出て。エンディングもとても可愛いらしい映像で、しかも曲が引き立つような演出をしてくださっていたので、それはすごく嬉しかったですね。あと、アニメの本編から通してみると、どんなエピソードでも、次に繋げられそうな歌になっていて……我ながら、「ああ、すごくいいな」「合ってるな」と思いながら観ています(笑)。

――この曲を、水谷さんのファンのみなさんに、どんなふうに受け止めてもらいたいですか?

水谷:「青い涙」もそうでしたが、私の歌って、ちょっと落ち着いて聴くような楽曲が多いと思うんです。今回の「君のステージへ」も、誰かを応援するような歌にはなっているんですが、すごいテンションが上がるような曲かというと、そういう感じでもなく(笑)。どちらかと言うと、頑張るスイッチを、そっと押してあげるような歌なのかなと、自分では思っていて。だから、聴いてくれた人が、「よしっ!」って元気を出せるような、そういうきっかけの曲になったらいいなと思っています。

――この曲は、誰かの背中を押してあげる曲であると同時に、どこか水谷さん自身の背中を押すような曲でもあるように思いました。

水谷:うん、そうですね。自分でも、何かうまく進めない、滞ってるなと感じたときに、この曲聴いて、「でも、前に進むしかないんだよな」と思ったり。前に進めば、必ずゴールや目標に近づくことができるんだっていう、すごくシンプルなことに気づけるんです。「君のステージへ」は、そういうまっさらな気持ちに戻れるような歌だと思います。

――なるほど。

水谷:いただいた歌詞を最初に読んだとき、自分にかけてもらっている言葉のようで。レコーディングでも自分に向けて歌っているようなところがあったんです。だけど、何回も歌っていくうちに、だんだん私のことを応援してくれる人たちや、家族、友達を、私が応援してあげたいなって思うようになっていって。それで、そういう思いで歌ってみたら、より歌が自分の中に入ってきたので、今はその意識のほうが強いかもしれないですね。まだライブでは歌っていないんですけど、ライブで歌ったら、きっとすごく楽しく歌える気がしています。

――そう、この曲のMVには、“うたのおにいさん”こと横山だいすけさんが、水谷さんにダンスを教える兄役として出演されていて。

水谷:そうなんです。だいすけおにいさんは、本当に優しくて、テレビの印象そのままな方でした。子どもたちと一緒に歌って踊るのが、すごい楽しくて好きなんだっていう話もしてくださいました。

水谷 果穂 / 君のステージへ (Official Music Video)

――地元の静岡から、水谷さんの実際の友人2人も出演しているのだとか。

水谷:そうなんです(笑)。スタッフさんと話しているときに「本当の友達と一緒に撮れたら面白いかもね」という話になって。それで、私が友達に声を掛けてみたら、「出る!」って言ってくれて。だから、何か「ホントに友達来ちゃったよ」みたいな感じなんですけど(笑)。実際の撮影現場も、ちょっと不思議な感じでしたが、彼女たちのおかげで、いつも以上に自然体で撮ることができたと思っています。

――冒頭に言ったように、現在は女優をメインとしつつ、今回のような歌手としての活動など、幅広い領域にチャレンジしている水谷さんですが、ご自分では今後どんな存在になっていきたいと思っているのでしょう?

水谷:私に限らず、今はいろんな活動を並行してやっている方って結構多いと思うんです。私の場合、女優にしても歌にしてもテレビ番組に出演するにしても、それぞれ役割は違いますが、自分としては、いろんなものをやっている感じはしていなくて。むしろ、それぞれの活動が、どこかで全部繋がっている感覚なんですよね。だから、今はそれぞれが別々に見えるかもしれませんが、いつか、それが一体化して、幅が広がっていくような活動を続けていけたらと思っています。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(取材・文=麦倉正樹/撮影=三橋優美子)

水谷果穂『君のステージへ』

■リリース情報
2ndシングル『君のステージへ』
2018年6月27日(水)
※レコチョク・dヒッツ先行配信中
完全生産限定盤(CD+ DVD +36ページ豪華フォトブックレット+スリーブケース)2,500円(税込)

<CD収録内容> 
M1.君のステージへ
M2.君のステージへ Instrumental
M3.君のステージへ Piano Healing version
<DVD収録内容>
1.君のステージへ Music Video
2.Making of Music Video & Photo Shooting

■イベント情報
水谷果穂『君のステージへ』発売記念イベント
~ミニライブ&特典会~
2018年6月27日(水)18:00~@HMV&BOOKS TOKYO
2018年6月30日(土)13:00~@タワーコード渋谷店
2018年7月1日(日)15:00~@タワーレコード横浜ビブレ店
2018年7月7日(土)14:30~@タワーレコード名古屋パルコ店
2018年7月8日(日)12:00~@ タワーレコード梅田NU茶屋町店

■関連リンク
水谷果穂オフィシャルサイト

      

「水谷果穂、歌手活動の中で生まれた“意識の変化” 「自分自身の素を出していく面白さを知った」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版