星野源、E-girls、Anly、Beverly、さユり……タイアップならではの創造性楽しめる新曲

Beverly『A New Day』

 ドラマ『CRISIS 公安機動捜査特捜班』(フジテレビ系)主題歌「I need your love」を含むデビューアルバム『AWESOME』のヒットにより、実力派シンガーとして広く認知されたフィリピン出身の女性シンガー・Beverlyの1stシングル『A New Day』。ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)の主題歌として制作された表題曲「A New Day」は<ひとりじゃない 君がいるよ>というフレーズを高らかに響かせるオーセンティックなラブバラード。“自分らしく生きる”“大切な人を愛していきたい”という思いを描いた歌詞が、ヤキモキするような三角関係を軸にしたドラマのストーリーを盛り上げている。ドラマティックな歌詞を完璧に歌いこなす歌唱力にも改めて注目が集まりそうだ。

Beverly / A New Day Music Video
さユり『月と花束』(初回生産限定盤)(DVD付)

 さユりの新シングル表題曲「月と花束」はアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』(TOKYO MXほか)エンディングテーマ。「月と花束」は、アニメで描かれる“必要とする者、必要とされる者の関係”と強くリンクしている。デビュー以来、心の葛藤と向き合い、闇から光へと向かおうとする意志を音楽に変換してきた彼女。孤独のなかで生み出された楽曲が、離れた場所にいるリスナーに届き、何かしらの影響を与えるーーその関係性は“酸欠少女さユり”の存在意義そのものであると同時に、アニメの世界観、ストーリーとも結びついているのだと思う。感情の起伏をリアルに映し出すスリリングなサウンドメイク、生々しいエモーションをダイレクトに伝えるボーカルも心に残る。

“酸欠少女”さユり6thシングル『月と花束』TVアニメ「Fate/EXTRA Last Encore」EDテーマ

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる