小沢健二が、20年ぶりのMステ出演 「前世に帰ってきたみたいです」

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の2月24日放送回に、SHISHAMO、LiSA、Hey! Say! JUMP、平井 堅、EXILE THE SECOND、HKT48、X JAPAN、小沢健二が出演した。

 女性ダンサーとのペアダンスが特徴の新曲「SUPER FLY」を披露するEXILE THE SECOND。SHOKICHIは女性ダンサーとのパフォーマンスに、「今までで初なので新しいことに挑戦させてもらってます。衣装にもバッチリな振りを付けてもらったので。80年代を表現しています」と楽曲の見所をコメント。続けて、パフォーマンスするHKT48は指原莉乃が「バグっていいじゃん」にて総選挙シングル以外で初のセンターを務める。指原は選抜メンバーについて、「若い子ばっかりで。今回は11歳差のメンバーもいたりして、すごく恥ずかしいんですけど。今村麻莉愛、13歳、群馬県出身」と今村を推薦。若返ったHKTメンバーにタモリも驚いていた。

 レギュラー放送21年ぶりの出演となったX JAPAN。ハリウッド制作のX JAPANドキュメンタリー映画『WE ARE X』が3月より公開となる。映画内にてYOSHIKIの幼少期の写真が出てきたことに対し、YOSHIKIは「4歳ですか。Toshlと出会った時」とToshlとの幼馴染みの関係に触れた。タモリから「この時何を考えていたの?」と質問されたYOSHIKIは「X JAPANのことを考えていたのかもしれないですね」と回答。その後、映画主題歌である「La Venus」を披露した。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!