>  >  > 『TIF』10組をイラストで振り返る

松村早希子の「美女を浴びたい」

15分だけのシンデレラーー欅坂46、寺嶋由芙、Negiccoら10組『TIF』出演イラストで振り返る

関連タグ
Negicco
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

限られた時間に輝きの全てを賭ける、女の子たちの祝祭

 今年初の3日間開催となったTokyo Idol Festival(以下TIF)、全国から集結した総勢301組のアイドル達が朝から晩まで繰り広げるお祭り、あっちを向いても美少女・こっちを向いても美少女という夢のような時間は、本連載タイトル通りの、美女を浴びる日々でした。

 グループの出演時間は15~20分(長くても30分)という短さで、たった5分というグループもいます。その限られた時間に全てを賭ける女の子たちの命の輝きは、照りつける真夏の日差しに朦朧としあの世に飛んで行きそうになる私の意識を、現世に繋ぎ止めてくれました。

欅坂46

8/6 SMILE GARDEN・HOT STAGE、8/7 SHIP STAGE、SMILE GARDEN

20160822-ky.jpgボブのイメージが強かった平手友梨奈さんの、ポニーテールや編み込みなどの髪型の変化を楽しめてより一層好きになりました。実際に目の前にすると、スタイルの良さが本当に人間離れしています。

 横に並んだ時に全員のスカートのラインが一直線になるほど完璧に揃った衣装に身を包み、笑顔を消して、ダイナミックな動きのタイミングをぴっちり揃えて踊る「サイレントマジョリティー」。彼女達の瞳の輝きと額の汗によって、目の前の完全にコントロールされた集団芸術を、お人形ではなく確かに生身の女の子達が表現しているのだということが伝わった時、鳥肌が止まりませんでした。「サイレントマジョリティー」と対照的に、笑ったり怒ったりと表情豊かな「手を繋いで帰ろうか」では、「全方向に綺麗な女の子だけしかいない集団」という少女漫画の中にしか存在しない幻想の世界が、いま目の前に三次元で存在している…! 私はいつの間にか涙していました。

寺嶋由芙

8/6 SKY STAGE

20160822-ty.jpg

 

 誰かが飛ばしたシャボン玉が舞う青空を背景に歌い踊るゆっふぃーの姿は、ベスト・テンや夜のヒットスタジオなどの演出のようで、自己紹介でお馴染みの「古き良き時代から来た」アイドルそのものでした。白いセーラーカラーのブラウスもレトロですが、ゆっふぃーのスタイルの良さで今時のオシャレなマリンスタイルになっています。

 最後の「まだまだ」の曲中、「暑いから少しでも涼しくなるようにと思って、いいものを用意したんですよ!」と、肩にかけたトートバッグの中から出した水風船を投げてくれましたが、歌いながらでは難しかったようで、ワタワタしていた様子がとても可愛らしかったです。

Negicco

8/7 HOT STAGE

20160822-nc.jpg

 

 4年前のTIFで、Negiccoが今年と同じZeppDivercityのメインステージを飾った時に、ぽんちゃが「TIFの一番大きいステージに立たせていただいて…」と感極まって涙し、もらい泣きしてしまった事を思い出しましたが、今や3人は堂々たる風格で、その音楽と佇まいにはメインステージが相応しいと感じさせました。

 Naoちゃんが「T・I・F!(ティーアイエフ!)」というコール&レスポンスにハマっていたようでしたが、お客さんの声が小さかったため「皆さん、TIFってわかって来てるんですよね?」と言ってやりなおさせるという、ほのぼのしたやり取りのMCもありました。

「15分だけのシンデレラーー欅坂46、寺嶋由芙、Negiccoら10組『TIF』出演イラストで振り返る」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版